チューリッヒ街歩き♪グロスミュンスターとフラウミュンスター

チューリッヒ観光のおすすめシーズンは夏!

ヨーロッパは夏が最高です。日が長いからね。夕方から飲み始めて、20時過ぎてもまだ明るい!2次会もワインで大いに盛り上がったりしながら、22時ごろ外に出てもまだ夕方みたいな空。本当に時間の感覚を忘れて楽しむことができるので、旅行ででかけるなら、最高のシーズンだと思います。

そんなワクワクしてくる初夏の旅行におすすめしたいのが、スイス。街中にはこんな風に国旗がそこほこに掲げられています。これは別に日本でいう旗日とか祝日ですよの合図ではなく、愛国心の強さを表しているのだとか。青い透き通った空にゆらゆらはためく様子はなんとも優雅です。

さて、今回ご紹介するのは、そんなスイスの最大都市・チューリッヒにある教会についてです。チューリッヒはヨーロッパではロンドンに次いで2位という金融都市としても知られていて、駅や町のいたるところにATMがあり、どこの国の通貨でもカード1枚で自動でおろせそうな雰囲気のとても便利な街です。治安もすごく良かったですよ。街そのものは、すごくコンパクトで、路面電車も走っていますが、中央駅から観光名所チューリッヒ湖まで、リマト川沿いのお散歩するコースが定番。だいたい2~3時間でまわれちゃいます。

リマト川の優美な流れにうっとり♡


チューリッヒ湖に流れ込むリマト川は、この美しさ。近くでみるとその青さの深みにうっとりします。魚も泳いでるよー。そして川のほとりには、カフェとかレストランもいっぱいあって、スイスフランをあまり持っていなかったのですがたいていどこのお店でもクレジットが使えるし、なんならユーロでの支払いもたいていOK。ドイツ語、英語、フランス語が錯綜する国際色の豊かさも魅力です。こういう国で生まれ育ったらトリリンガルになれるからうらやましいな~と思ったりもしました。

そんなリマト川の向こう岸にある玉ねぎ頭の建物が「グロスミュンスター大聖堂(Grossmünster)」です。

グロスミュンスター大聖堂(Grossmünster)


この大聖堂、入口のとことには聖書や宗教改革などの様子が刻まれていて「聖書の扉」と呼ばれていることで有名なんですって。内部は撮影禁止ですが、アウグスト・ジャコメッティ(Augusto Giacometti)やジグマー・ポルケ(Sigmar Polke)のステンドグラスを見ることもできるので、美術がお好きな人にもおすすめ。礼拝時間以外は自由に出入りできます。11世紀から12世紀初頭に建設されという、高さ62mの2つの塔には登ることも(有料です)。

現在の搭は18世紀にリニューアルしているものですが、200年以上の歴史を誇っているとあってなかなか重厚感があって素敵でした。私のおすすめフォトスポットはやっぱり近くからよりミュンスター橋渡った対岸からの眺めです。

フラウミュンスター聖母教会(Fraumünster)

そしてリマト川を挟んで、グロスミュンスター大聖堂とは反対側の岸に佇むとんがった屋根の教会もチューリッヒ観光のなかで欠かすことのできないスポット「フラウミュンスター聖母教会(Fraumünster)」は屋根にも注目したいところ。どんよりしがちな冬の空とは打って変わって、青空に反射しながら突き刺さるような鮮やかなエメラルドグリーンの色がとてもきれいです。最初に教会が建てられたのは874年。ドイツの王様ルートヴィヒ(König Ludwig)に寄贈されたんですって。のちに教会と女子修道院となったそうです。ちなみにフラウとはドイツ語で女性を意味しています。

そして、この教会もなかのステンドグラスがすごい!作者はあのマルク・シャガール(Marc Chagalls)なんですよ。美術にほとんど関心がない私でも知ってる有名人とあって、こちらの教会はグロスミュンスターのほうよりもはるかに混みあっていました。個人的にはグロスミュンスター大聖堂の内部の方が、落ち着いていて素敵だと思うんだけれども。ぜひその雰囲気の違いなんかも比較しながら回ってみると面白いと思います。こちらも内部の撮影は禁止です。しっかり目に焼き付けておきたくなる強烈な美しさ。

そうそう、日曜日の礼拝ではなかにある大きなオルガンの音を聞くこともできるそうです。礼拝自体はな観光客は入れないんですけれどもね。優雅なリマト川を眺めながら、その音色に耳を傾けてみてはいかがでしょうか?

【INFO】

今回ご紹介したスポットはスイス・チューリッヒにある「グロスミュンスター大聖堂(Grossmünster)」とフラウミュンスター聖母教会(Fraumünster)」です。対照的な趣の二つの歴史的な建造物は、リマト川の対岸にそれぞれ佇んでいます。チューリッヒの街中観光ででかけたい人気スポット。

グロスミュンスター公式サイト:https://www.grossmuenster.ch/en/
フラウミュンスター公式サイト:https://www.fraumuenster.ch/en/

どちらも英語のサイトがあります。空いている時間は、季節によって異なるので、事前に公式HPで確認してくださいね。。