おすすめアイテムの本音レビュー

海外旅行のトラブル2

私は旅先で結構タクシーにボラれるのです。
私は、、、なのか、日本人は、、、なのかわかりませんが。
若かりし頃は、すぐに頭に血が上っちゃって、
「負けてたまるか!」みたいにカッカしながら、しっかりクレーム入れてたのですが、
これ、危ないんだよ。やっちゃだめなんだよ。
「たいした金額じゃないんだから、払いなさい」
そうなんだよね。命のほうがよっぽど大事なんだから。
世の中、いい運転手さんもいれば、そうじゃない人もいる。
まぁしょうがないなくらいの心持ちでタクシーに乗らないと。
何かあってからでは。取り返しのつかないことになっては。
自戒の意味も込めて書いてるんです。私も気を付けます。
大げさなことではなく、特に女性は安全をお金で買ったんだくらいの気持ちで。
そこで「日本人なめんな」とか「払ってたまるか」みたいな
変なプライドと意地は捨てないといけないのです。
海外はどんな危険があるか、わからない。
運転手が悪い人とグルかもしれないし、
クレームつけてケンカになっていきなり拳銃持ってても怖いし、
わけのわからない山とか連れて行かれちゃっても困るじゃん。
悔しいけれど、安全代だと思って、ぐっとこらえることも大事なのです。
海外にいると言葉も通じないからテンパって変なことしちゃったりもするけど
このことだけは肝に銘じて、身の振り方をよく考えた行動が必要です。
前にも書いたけど、
命を守ることが一番大事だから、ちょっと高くついても
あまり突っかからないでふわっと進んでった方がいいよね。
本当に今回の記事は、ロスと台北とマドリードでタクシーの運転手と大喧嘩してきた
アホな自分への戒めを込めて、なのでした。
死なないように、怖い思いをしないように、楽しい旅をしましょう。