リンダウとリヒテンシュタイン

バイエルンチケットでお得に旅しよう!

第四回目の今回は湖の綺麗なリンダウと小国リヒテンシュタインを
ミュンヘンから日帰りで周るというプランです。
バタバタしそうなわりに、しっかり観光もできるので、
行った国の数を増やしたいんだ!という人にはとってもオススメなコースどりになってます。
④リンダウ~リヒテンシュタイン
ミュンヘンリンダウ→リヒテンシュタイン→リンダウミュンヘン
これかなり旅の上級者向けなんですけど、ドイツ→スイス→リヒテン→スイス→ドイツ
っていう国境を行ったり来たり。私はこんな疲れる旅イヤだったけど夫は嬉しそうでした。
でもそこはきちんと観光もつけての日帰り旅ですから、コスパいいでしょ。
で、どうやっていくかというと、まずミュンヘン⇔リンダウ間の往復は
バイエルンチケットが利用できます。
リンダウはスイス、オーストリア国境に面するボーデン湖に浮かぶ島なんですけれど
このボーデン湖(Bodensee)というのがとてもきれいな湖でお金持ちヨーロピアンの
保養地として知られているんですけれど、湖の畔には素敵なレストランやカフェが多いので
ここで湖を眺めながらランチとします。
で、このリンダウからリヒテンシュタインまでの行き方が色々あるんですけれど
ぜひDB(ドイツバーン)のサイトで検索してその時の時間、かかる費用なんかを照らし合わせながら
ルートをチョイスするのがいいかと思います。
日本語はないですが、英語表記はありますので、ドイツ語できなくても問題ないです。
ちなみにオススメは
Lindau Hbf→Aulendorf (IC電車)
Aulendorf →Herbertingen (IRE電車)
Herbertingen →Rechtenstein(RE電車)
これだと25ユーロで2時間かからないで到着できます。
他にももっと乗り継ぎの少ないルートや、バスなどを使った費用の安いルートなども
ありますので、事前にガッツリ計画を立ててやってみてください。
で、リヒテンシュタインに着いたらぜひインフォメーションセンターへお立ち寄りを。
なんとパスポートにハンコを押してくれるんだよ。CHF3.00もかかるけどね(笑)
いかがでしたでしょうか?
ガイドブックに載ってるノウシュバンシュタイン城やザルツブルグ旅行もいいですが
こんなガチンコ旅行も楽しいものですよ。一日で国境跨ぎまくる機会なかなかないし。
ぜひいろいろ挑戦してみてくださいね。