1000円割引クーポン付!お得なグローバルWIFIレンタル

美女と野獣とガストンと

私は子供の時から「美女と野獣」のお話が大好きでした。
そもそも自分はお姫様でも何でもないうえ、夢見る少女というよりは割と現実見てるほうだったので
白雪姫にもシンデレラにもあまり共感はできなかったけれど
同じ本を何度も読んじゃったり、自分で馬に乗ってどこへでも出かけたりするベルのことは
すごく好きだったし、ああいう強めな女性になりたいなっていう風に思ったりしてました。
DSC01728.jpg
実写化した映画もすごく映像がキレイで初めてCGの力ってスゴイ!って感動できたし
エマワトソンのまなざしはベルによく似てて素敵でした。
ストーリーも歌も、今回のために追加で書かれた部分もあったけれど
アニメの世界観はそのままで、結構序盤からウルウルしそうな場面も多かったです。
野獣も本とか読まないキャラかと思ってたらシェイクスピア読んでたのねって
物語の中のベルと一緒にときめきました。
ロミジュリが好きかどうか問題で話し合えるかどうかは、
読んでる人とじゃないとそもそもの議論にもならないし。
うちの夫は、
ベルはストックホルム症候群だとか、
ガストンこそ村の英雄だとか、
野獣よりの視点に偏ってるとか、
身もふたもなかったけれど、ま、それはそれで。
少なくとも、お庭踏み荒らしちゃう感じはいやだよ。
でも実写版ガストンがやたらイケメンだったので、あそこまでカッコイイと話は別になってくる。
ルーク・エヴァンズはゲイなのでどうにもならないけれど。
ゲイじゃなくっても相手にされる可能性はないのだけれど。
そもそも奇跡的なイケメンのゲイ率が高い気がするのは私だけなのでしょうか?
ま、いいっか。