イモトのWiFi 格安新サービス比較

日本橋高島屋S.C.新館の注目レストラン<かつ吉>の『冷やしかつ丼』を食べに!

sponsored

歩いているだけで、汗が出てくる…!日々の気温差で熱中症なったりするケースもあるとテレビでニュースになっていました。皆さん、水分を補給しながら、体調管理に気を付けましょう。

2018年の秋に開業したばかりの日本橋髙島屋S.C.新館。ちなみに本館のほうは指定重要文化財になっているんですよ。

さて、私は最近も日本橋界隈でのお仕事が多いので、ひとりでフラフラと気ままに散策しながら美味しいお店を開拓中です。今回は2018年の秋に開業したばかりの日本橋髙島屋S.C.新館6階のレストランフロアにある老舗のとんかつ屋さんに行ってきました。

高島屋新館にできた!日本橋にゆかりのある老舗のとんかつ専門店「かつ吉」

この日は「累計販売数15万食を超えている、夏の人気商品『冷やしかつ丼』がはじまったのでー!」と株式会社菩提樹さまからお声かけいただいたので、午前の仕事を終えてお昼ごはん食べに日本橋へ。半袖なのに汗が出る。

日本橋髙島屋S.C.新館6階のレストランフロアにある老舗のとんかつ屋「かつ吉」。吉田吉之助さんが昭和36年に創業したお店なんですって。この度日本橋にカムバック!

汗をかきながら、たどり着いたのがここ。とんかつ専門店「かつ吉」は、もともと日本橋(室町)の地で吉田吉之助さんが昭和36年に創業したお店なんですって。髙島屋S.C.新館のほかにも、渋谷、新丸ビル、日比谷国際ビルなどにもあるそうですよ。

まるで古民家みたい!木のぬくもりあふれる落ち着く店内

日本橋の高島屋といえば、本館の建物が重要文化財にも指定されているほど歴史情緒あふれていますが、となりのS.C.はピカピカ。東館5階にはポケモンセンターもあって、海外からの観光客や若い人が多いんですよ。日本橋エリアのなかでも独特なパワーと熱気があふれています。

テーブルは欅の一枚板。木のぬくもりがあふれる店内。ドレッシングは、化学調味料や保存料・着色料無添加です。

でも、この「かつ吉」のお店のなかに一歩足を踏みいれると、昔ながらの日本の古民家を思わせるような古い木のぬくもりが。ちょう落ち着きます。テーブルには、欅の一枚板をつかっているそう。店内の調度品も随所にこだわりを感じました。

夏にぴったりと噂の冷やしかつ丼を注文!|高島屋新館にできた!日本橋にゆかりのある老舗のトンカツ屋さん「かつ吉」

さっそく店内の筆字のポップでもドカっとおすすめされている噂の『冷やしかつ丼』を注文してみました。「ロース」のほかに、ランチタイムは限定15食の「ひれ」もあります。

高島屋新館にできた!日本橋にゆかりのある老舗のトンカツ屋さん「かつ吉」の平日限定ランチメニュー。

私がでかけた日も店員さんに聞いてみたら「まだありますよ!女性に人気です」ということだったので、「ひれ」にしました。お店のなかには近隣のオフィスワーカーと思われるスーツの男性がちらほら。なんか、近くのテーブルの人の丼がすごく大きかったので、ごはんの量はあらかじめ「少な目」にしてもらいました。ランチメニューの下には『とんかつ百名店2018』の記載も。これは期待が高まります。

女性にうれしい♡漬物&キャベツを気兼ねなくたっぷり食べられる!

お漬物はおかわり自由!|高島屋新館にできた!日本橋にゆかりのある老舗のトンカツ屋さん「かつ吉」

すぐにおなかがすく燃費の悪い私はこの日も例にもれず、おなかペコペコな状態でお店に到着したわけですが、注文後に速攻でてきたこのお漬物2種。なんとおかわり自由なんです。さっぱりしていて、すごく美味しい。

キャベツもおかわり自由!|高島屋新館にできた!日本橋にゆかりのある老舗のトンカツ屋さん「かつ吉」

あとこのたっぷり盛られたキャベツも。私、トンカツ屋さんのキャベツ、大好きなんですよね!でも誰かと一緒のときは「おかわり頼んでよー」とお願いできるものの、なかなか一人では注文しにくくって。でも「かつ吉」は、はじめっから、こんなにたっぷり。めちゃ嬉しい。言い出しにくい「おかわりー!」に配慮されてる心遣いはありがたいです。

キャベツもおかわり自由!ドレッシングは化学調味料や保存料・着色料無添加。|高島屋新館にできた!日本橋にゆかりのある老舗のトンカツ屋さん「かつ吉」

テーブルのゆず醤油ドレッシングとごま焙煎ドレッシングを食べ比べしながら、メインのかつ丼を待っている間も大満足なひととき。

かつ吉のオリジナルドレッシングは化学調味料や保存料・着色料無添加。お店で買うこともできます。|高島屋新館にできた!日本橋にゆかりのある老舗のトンカツ屋さん「かつ吉」

しかもこのドレッシング、どっちも化学調味料や保存料・着色料無添加でした。お店のオリジナルだそうですよ。オーガニックとかBIOが大好きな友人にも今度教えてあげよう。

衝撃のつゆだく仕様!夏バテを吹き飛ばす冷たいカツ丼

衝撃のつゆだく仕様!夏バテを吹き飛ばす冷たいカツ丼

私が注文したランチ限定15食のひれ肉『冷やしかつ丼』がこちら。大きなトンカツの上には、とろろや青じそ、ミョウガや梅肉のほか、キュウリやオクラも。まるで冷や汁みたいな感じでクラッシュされた氷で冷やされたお出汁にトンカツが乗っていました。

衝撃のつゆだく仕様!夏バテを吹き飛ばす冷たいカツ丼

出来立てはトンカツがまだあったかい。ちょう厚切りで大きなお肉の切り口は、ほんのりピンク色。こういうトンカツ大好き。お出汁なしでもジューシーでものすごい美味しい。添えられているわさびとの相性も抜群でした。

とんかつをご馳走として楽しんで頂く専門店として、食材選びから製法までこだわって参ります。

公式サイト| かつ吉日本橋髙島屋S.C.店の特徴
ランチ限定15色のひれ肉『冷やしかつ丼』。薬味はとろろや青じそ、ミョウガや梅肉のほか、キュウリやオクラも。

食べているうちに出汁のなかに入っている氷のシャリっとした食感もやみつきになっていきます。まるでお茶漬けを食べているみたいな感じなんですけれども、野菜も肉もしっかり食べられるので、バテやすい夏にもすごくいいかも。体力落ちたら終わりですからねぇ。

丁寧に取った天然出汁(鰹・昆布・煮干しなど)をベースに、濃い目の特製醤油出汁を作ります。鰹節は鹿児島県枕崎産、昆布は北海道産真昆布、煮干しは千葉県九十九里産と素材の品質にこだわります。

公式サイト| かつ吉日本橋髙島屋S.C.店の特徴

ちなみに、今年から梅干しを紀州南高梅(減塩タイプ)に変更しているんだそう。

というわけで、お肉もお野菜も、お漬物もしっかり完食。特に大根の漬物、あれは、いくらでも食べ続けられる…!プロの全力を感じる和食を食べると、力が湧いてきますよね。

ランチ限定15色のひれ肉『冷やしかつ丼』。薬味はとろろや青じそ、ミョウガや梅肉のほか、キュウリやオクラも。|日本橋髙島屋S.C.新館6階のレストランフロアにある老舗のとんかつ屋「かつ吉」

今年の夏も、暑くなりそうな予感ですが、日本橋でご飯するときには、高島屋の新館にあるとんかつ専門店「かつ吉」ぜひチェックしてみてください。

高島屋新館にできた!日本橋にゆかりのある老舗のトンカツ屋さん「かつ吉」のメニュー。夕飯も2000円台から楽しめるラインが充実。

夜も2000円台でご馳走!って感じの美味しいトンカツがいただけるなら、すごくコスパイイと思いました。冷たいの食べ終えた直後に、あったかいのも食べたくなっちゃった。食欲がわきあがってくるのもまた元気な証拠だねぇ。

【INFO】

今回ご紹介したお店は<かつ吉日本橋髙島屋S.C.店>のランチで食べた『冷やしかつ丼(ひれ)』です。
住所:東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋髙島屋S.C.新館 6F
TEL:03-6262-3252

日本橋髙島屋S.C.新館6階のレストランフロアにある老舗のとんかつ屋「かつ吉」の外観。
カウンター5席、テーブル38席

化学調味料などを使わない無化調仕上げ!健康志向の方はもちろん、低温でじっくり揚げるタイプの分厚いトンカツが好きな人にちょうオススメ。私は血圧をあげるために医者からも「トンカツとか積極的に食べろ!」と常々言われているので、高島屋行くときにはココ通おうと思います。ごちそうさまでした♡

かつ吉 日本橋髙島屋S.C.店とんかつ / 日本橋駅茅場町駅三越前駅
昼総合点★★★★ 4.0

sponsored

▼高島屋で食後にお茶するならココもチェック

日本橋のポケモンカフェ!

ほかにも東京都内の美味しくってコスパも納得なランチスポットをご紹介しています。全部自分で足を運んだお店ばかり。ランチに迷ったらぜひ <ハズレのないランチ / RESTAURANT>をご参考に♪