牛乳とお酢で簡単に作れる!自家製リコッタチーズのアレンジレシピ

太陽がいっぱいの南イタリアで生まれたリコッタチーズ。実は日本の家庭でもとっても簡単に作れちゃうんですよ。

節約にもなる!リコッタチーズの作り方

そもそもリコッタの名前の由来ですが、再び=「ri」と煮た=「cotta」が組み合わさった言葉なのです。日本で売られているフレッシュな牛乳で簡単に再現できるとっておきレシピです。

自宅で簡単に挑戦できるリコッタチーズの作り方をご紹介しています。

必要な材料は牛乳1リットルに対して、お酢は20ml。今の季節なら、レモンやオレンジの汁を使ってもいいですよ。お鍋に牛乳を入れて中火で煮ます。木べらで牛乳が焦げないようにお鍋のふちや底をしっかり混ぜがら目を離さないで作業してくださいね!

ちょっとイイ牛乳を買ってきて、家でリコッタチーズをつくるとフレッシュな味わいにやみつきになります!

細かい気泡がフツフツ湧いてきたら、火を止めて手早くお酢を回し入れます。

火にかけた牛乳にお酢を加えるだけで、簡単にリコッタが作れるんですよ。

すると、こんな感じで牛乳の成分がぼろぼろっと固まってくるので、ざるにキッチンペーパーやふきんをひいて、3時間ほど時間をかけてこせば出来上がり。

リコッタチーズを家で手作りするときのポイントをまとめています。

めちゃめちゃフレッシュな無塩・無糖の自家製リコッタが完成します。このまま冷蔵庫で冷たく冷やしてハチミツをかけて食べてもよし。少しお塩を混ぜてバゲッドやクラッカーに乗せてもよし。生クリームを少し混ぜるとよりなめらかでコクのある味わいに仕上がります。

牛乳1リットルで220gくらいのリコッタが家で簡単に作れるのでめちゃめちゃ経済的。パンケーキの生地に混ぜれば、お店みたいにふわっふわに作れるし、アンチョビと混ぜてパスタソースにすると本格的なシチリア風パスタができます。

フレッシュな自家製リコッタは、お料理にもデザートにも、絶妙なアクセントになります。やっぱり手作りするなら材料が大事ですよね。牛乳も、安いものもいいんだけれど、リコッタを手作りするときは、いつもよりちょっとイイやつを選んじゃいます。

ホエー(リコッタをこしたあとに残る水分)の部分にも、栄養たっぷりですから、捨てないでパン作りとかに使ってみてくださいね。

南イタリアのドルチェ「カッサータ」風のアイスケーキも、リコッタを家で手作りすると、グンと安く作れます。

ちなみにESSE onlineでも先日イタリアのカッサータというアイスケーキのレシピをご紹介しました。

どこを切っても映える見た目なので、夏のパーティーシーンにも重宝しますよ。こちらも自家製リコッタをたっぷり使っているので、安いスーパーで材料を集めればワンコインくらいで作れるようなレシピの設計にしてあります。夏休み、お子様たちのおやつに!という時には、板チョコを思い切って2枚くらい使ったり、イチゴジャムを表面に乗せて凍らせても◎。家にある残り物でアレンジしやすい手作りデザートなので、ぜひ試してみてくださいね。

▼誰でも簡単に失敗なく作れるレシピ!
カツオや昆布で出汁をとった本格的な和食からホームベーカリーを使ったパンづくりなど<カラダにやさしい料理 / COOKING >では、毎日の食事について幅広くご紹介しています。