相撲界の暴行事件について。

今日は朝からビックリなニュース。

日馬富士、力士に暴行か 「深くおわび」
九州場所を休場

引用:日本経済新聞https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23441420U7A111C1CC0000/
私は相撲が大好きですが、一時期、離れてしまった時期がありました。
それは、時津風部屋の暴行事件(←これ個人的には殺人事件だと思ってます)
のときと、八百長問題があったとき。
子供のころから大好きだったお相撲の世界。

私はちょうど社会人になって、忙しかったとかもありますけれど2008年ごろから2011年ごろにかけて、ドロドロ~っといっきに汚いものを見せられたようなすごくショッキングな事件でした。このころは国技館もガラガラで満員御礼なんて程遠かった。
みんな同じ気分だったんじゃないかな。
でもあのダークな時期を経たからこそ、今のクリーンな格闘技の世界になったような気がしていました。
スー女(相撲好きな女子)達にキャー♡とか言われて、楽しそうな角界はキラキラしていたし昨年とかも優勝までした大関の琴奨菊があっさり大関陥落してしまったことは残念ではあるけど「あぁ、本当に八百長なくなったんだ!」「まわしだけでガチンコ勝負ってすごいな!」そんな風に思っている人が増えてきたからこその、昨今の盛り上がりだったはず。

そこにきて、急に飛び込んできた今朝のニュース。

ズドーンと重たく暗い闇の色にいっきに染まっていくのを感じました。
報道によれば、貴ノ岩を殴るという事件があったのが10月26日。
ニュースになったのが今朝11月26日。
貴ノ岩は本場所に出られないような大けがをしているのに、日馬富士は普通に昨日まで出場してました。成績が悪いから休場させる。謝りに行ったらすれ違った。協会は対応に追われる。この2週間ちょっと、みんな何してたのかなと感じたのは私だけでしょうか?伊勢ケ濱親方、今日の今日までなにも知らなかったんですか?ニュースにならなかったら、何もなかったことになっていたのかなって感じてしまうようなものすご~く嫌な気持ちになりました。

お酒が入っていようが何だろうが、人をビール瓶で殴って大けがさせたら、横綱としての進退をどうするかとかいう話ではなく、刑事事件だと思うんですけど。
わけわかめだ。
また世間の感覚とと自分自身がズレたのかと、ニュースみながらいろいろ考えてしまう1日だったよ。