暮らしをラクして乗り切るアイテム一覧

秋葉原のNOHGA HOTEL(ノーガホテル)でワーケーションしてみた

sponsored

大通りから一本入った裏路地にできたNOHGA HOTEL(ノーガホテル)へ行ってきました。東京メトロ銀座線「末広町」駅からも歩いて4分。アクセスがすごくいい場所です。

都内のホテルでワーケーション!コロナ時代の新しい働き方

秋葉原のNOHGA HOTEL(ノーガホテル)の2階スタジオの様子。

「ワーク」(労働)+「バケーション」(休暇)を組み合わせた「ワーケーション」に注目が集まっています。旅をしながら、出勤扱い…。せっかくのリゾートで仕事かぁ…と、なんとも言えない気分になる人は少なくありません。

しかも、都内在勤・在住者が、このコロナ禍のご時世に地方や海外へでかけるのは、本末転倒な気もしますよね。やはり避けたいところ。ですが、東京都内のホテルに仕事場所を移してみる気分転換を重視したワーケーションは、けっこう有効かもしれません。海外からの旅行者が激減している今だからこそ、東京の良さをじっくり味わうチャンスかも。

秋葉原ガチャポン会館。

AKB劇場やドラクエ仕様のローソン、ガチャポン会館など、唯一無二な個性を放つ街・秋葉原。滞在してみると、ディープな熱量であふれてて、すごいパワーを感じます。

◆2020年9月、秋葉原に誕生したNOHGA HOTEL(ノーガホテル)

秋葉原のNOHGA HOTEL(ノーガホテル)のエントランス。

「地域と深くつながることで生まれる、素敵な経験ができる滞在」をコンセプトにしたNOHGA ブランドのお宿です。上のに続く2号店が秋葉原に誕生しました。

プレオープンに先駆けて、実際に宿泊してみたレビューをご紹介したいと思います。

「アート・音楽・食」を楽しみながら、秋葉原の街に滞在

秋葉原のNOHGA HOTEL(ノーガホテル)のロビー。

ノートパソコンと着替えだけ持って、ホテルにチェックイン。何かあれば自宅にもすぐに戻れるし、いつもの旅行よりもかなり気軽に利用できるのが都内のホテルのメリットですね。

◆秋葉原の喧騒を忘れさせてくれるアートな空間

エントランスの天井にはアート作品が!

一歩ホテルへ踏み込むと、そこは現代アート作品にあふれた美術館のよう。

メッセージ性あふれるアートに触れていると、五感が研ぎ澄まされていくのを感じます。

◆部屋にはGeneva(ジェネバ)のワイヤレススピーカー

Bluetoothで音楽を!Geneva(ジェネバ)のワイヤレススピーカー。

一般客室に設置されているGeneva(ジェネバ)の<Acustica Lounge Radio / アコースティカ・ラウンジ・ラジオ>をBluetoothで繋ぐと、部屋のどこにいても優れた音質で音楽を聴けます。

◆レストランBistro NOHGAでの朝食は焼きたてのフォカッチャも!

朝食では焼きたてフォカッチャ。

朝食会場でもある1Fのレストラン<Bistro NOHGA(ビストロノーガ)>では、朝からイタリア製の薪釜に火が!焼きたてのフォカッチャとともに出てくるお料理がとても美味しかったです。

白いんげん豆のシャクシュカ。

特に卵調理が充実していて、エッグベネディクトやマッシュルームオムレツなど計5品のなかから好みのものをチョイスできます。私は白いんげん豆のシャクシュカにしたのですが、体があたたまって、朝からパワーが湧いてくるようでした。

持ち帰り用バッグ。

けっこうボリューミーなのですが、食べきれなかったフォカッチャは持ち帰り用バッグに包んでくれました。

NOHGA HOTEL(ノーガホテル)の客室の様子やアメニティのこだわり

客室に設置されているアメニティもNOHGAならではの心地いいものがいっぱい。

◆柔らかなエジプト綿を使用したオリジナルタオル

ノーガホテルのオリジナルタオル。

お風呂上がりのタオルは吸水性抜群。モラルテックスのオリジナルタオルが置かれています。

◆ガウンタイプのオリジナルルームウエア

ノーガホテルオリジナルルームウエァ。

パリパリの浴衣やゴアゴアのガウンが苦手な人にも安心!ルームウエアもホテルのオリジナル。肌触りがとてもやさしい素材で着心地が良かったです。

◆バルミューダの電気ケトル

バルミューダの電気ポットとお茶。

仕事中、お茶が欠かせない私には、バルミューダの電気ポットがあったのが一番うれしいポイントでした。

◆アメニティはOSAJI

OSAJIのアメニティ。

洗面台やお風呂場のアメニティは安全なオーガニックの<OSAJI(オサジ)>。フローラルな香りに癒されます。

◆こだわりの高級寝具

ノーガホテル秋葉原のベッドはシモンズ。

客室のベッドのマットレスにはシモンズ、枕はアトモスフェール・ジャポンの羽毛ピローが使われています。すごく快適で朝までぐっすりでした。

朝までぐっすり。

暮らすように仕事する場所として。改めて感じる東京のホテルの魅力

もう少し、陽気がいい季節だったら、レンタサイクル(1日レンタル2000円)して隅田川沿いとか皇居周辺を自転車観光してみるのもいいかも。

夜のテラスの様子。

夏の夜は、このテラスでゆっくり読書しながら過ごすのもいいかもしれません。2Fだから、外の通行人と目線が合うこともないし、すごく落ち着きます。

ホテル内の電飾アートも素敵。

一歩外に出ると、独特な文化に触れられるし、疲れたらホテルでくつろげる秋葉原のNOHGA HOTEL。ホテル内の随所にみられるジュン・ハシモト氏による電飾も熱量があふれる秋葉原にぴったり。在宅でのリモートワークに飽きちゃった時には、フラっと利用してみる価値はアリですよ。集中できます。

【INFO】

今回ご紹介したのは<ノーガホテル秋葉原東京>です。

ノーガホテル秋葉原東京のエントランス。

住所:東京都千代田区外神田3丁目10−11

TEL:03-6206-0569

ノーガホテル 秋葉原 東京 |Booking.com

NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO|Hotels.com
NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO|じゃらん
sponsored