1000円割引クーポン付!お得なグローバルWIFIレンタル

日比谷公園の首かけイチョウ

都内は梅雨明けしたそうですね。なんか雨降った?って思ってるの私だけかな?
空梅雨っぽいけれど、今年は雪解け水がけっこうあるから関東は水不足の心配はないって
この間群馬の人がおっしゃってました。
さてさて・・・
DSC00187.jpg
「松本楼」のテラスにて。
写真に入りきらないほどのダイナミックな迫力。神々しい。
私の中で、結構お気に入りのパワースポットです。ここ特等席♡
ちなみにこのイチョウの名前の由来は、

説明板によれば、このイチョウは日比谷公園開設までは日比谷見付(現在の日比谷交差点)にあったもので、1901年(明治34年)道路拡張の際、じゃまになると伐採されようとしたのをこの公園の設計者であった本多静六(ほんだせいろく)博士が、「私の首を賭けても移植を」と東京市参事会議長の星亨(ほしとおる)氏に懇請し、イチョウを今の場所まで450m移動させたそうです。それで「首賭けイチョウ」と呼ばれています。

出典:http://www.tree-flower.jp/13/kubikake_icho_267/hibiya_kouen_icho.htm
誰かがクビ〇ったとかじゃないからね!
四季を感じる都内の気持ちいい場所だよ。お花もいっぱいだし。
疲れているときに遊びに来ると癒されます。

【INFO】
今回紹介した場所は
日比谷公園
所在地:千代田区日比谷公園
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/view037.html