楽天KOBOと石川コンピュータ・センターの関係がやっとわかった…!

年末の忙しい最中に突然送られてきた知らない会社からのマイナンバーの提出依頼…!ホントに困っちゃったーなめんどくさすぎる状況が続いていました…。そして年明けは年明けで、お正月休みからの徐行運転で出発する間もなく、いきなりアクセル全開でバタバタしていたのですが、一通り解決したので、事の顛末をシェアしておきます。

12月末に電話でKOBOに直接確認したら「関係のない会社です」と言われる

個人的な書類の提出先=問い合わせ先って意味ないじゃん…って思って、私はまず楽天KOBOに直接電話してみました。すると「うちとは関係のない会社ですし、そういった書類の提出依頼もしてないんで…」的なことを言われてしまって、私の混迷は深まりました。

ひぇ?マジで?なんでうちの住所とか知ってんの?ちょう怖いんですけど―――!
な、瞬間です。

文書で返答が欲しかったのでメールもしました

一応、この支払調書作成のための書類提出というのは、こちら側に「義務」があるわけではないらしく、特段送らなかったからといって何かペナルティをくらう話ではないというところまでわかったのですが、それでも心配じゃん?
なので、一応KOBOの担当者にもう一度メールで履歴を残しておきたいということでお返事をもらいました。

ホント年の瀬の忙しい時に勘弁してよー!と、数パーセントのもやもやが募るメール。ま、ひとまずこれで、私の中では解決ってことにしておこうと思いお正月を迎えました。

楽天KOBOと関係ないなら無視しとこ。あっぶね。
な、新年です。

ところが!提出期限が迫る年明けの今日…!やっぱり委託してましたの連絡が…。

う~ん。変なため息がでちゃうよ。

今日も一日外出していたので、夜にこのメール確認したんだけれども、もう提出期限、ほぼ滑り込みアウトじゃね?まいっか。そのときはそのときで、ライトに謝ることにしよ。来週送ることにしよ。あー疲れた!

解決はしたけれども、こういうのって、まず取引している楽天KOBOから私に連絡してくるべきものではないのかね?
最初の問い合わせのとき、電話&メールのダブルで「そんなの知らない」はなくね?
提出期限の稼働前日午後に「やっぱり対応しろよ」もなんだかなぁ。

ちゃんと連絡してほしいよね。相手が私のような個人であっても。ちゃんとした会社ならさ。

結局モヤモヤは残ったのでした。

唯一の救いはこのご担当者が電話でもメールでも物腰が柔らかくって、内容はともかく対応は丁寧だったということです。

 

結論:石川コンピュータ・センターは楽天KOBOのちゃんとした代行業者

個人で楽天KOBOと取引をしていて、ぼちぼちなロイヤリティが発生している人のもとへは、石川コンピュータ・センターからマイナンバーの提出依頼がくるようです。そして石川コンピュータ・センターは、怪しい会社ではなく、楽天KOBOのちゃんとした代行業者だということがわかりました。

ひとつお勉強になりました。だいぶ無駄な時間使ったけど。このちょう忙しい最中に勘弁してよ。

ただ個人情報というのはどういう風に使われるかわからないから、このくらい用心しておくに越したことはないかなとは思っています。書類送れーいっていう方は、もう少し正しい情報を積極的に発信してほしいな。すげー不安じゃん。ま、いいっか。
同じように不安に思っている方へシェアしよう!と思ったんだけど、世の中電子書籍で売り上げている人ってどのくらいなんだろう??ちょっと気になるところではありますね。

今年も本がいっぱい売れますよーにw

▼関連記事はこちら
楽天と石川コンピュータ・センターの関係って?!マイナンバーと身分証明書の提出依頼