暮らしをラクして乗り切るアイテム一覧

57℃で1時間!低温調理器BONIQで焼いたステーキが感動のやわらかさ♡

sponsored

スーパーのセールで買ったステーキ肉でレストランみたいなミディアムレアなステーキの焼き方をご紹介します。

難しい温度管理も<低温調理BONIQ(ボニーク)>があればとっても簡単ですよ。お料理がグンとレベルアップする調理器具です。

味付けは塩コショウだけ!ステーキ肉の真空調理レシピ

◆必要な材料

スーパーで牛のステーキ肉が安くなっています。今こそ低温調理器BONIQのおいしさを試してみましょう。

お肉のサイズの目安は300g以内、厚さは2㎝以内のものを準備してください。

塩コショウして、オリーブオイルで真空加熱!

ジッパーが付いているプラスチックバッグに、両面塩コショウしたお肉と大さじ2のオリーブオイルを入れて、空気をしっかり抜いて封を閉じます。

◆低温調理器BONIQの設定は57℃を1時間

低温調理器BONIQがあれば、温度や時間の管理がとても簡単。

BONIQ(ボニーク)>のなかに、お肉をいれたら、57℃で1時間の火入れをセットしてスイッチオン。「どうして、この温度なのか?」は、頭がいい人たちが様々な計算式をネットで公開していますので調べてみてください。300g以内、厚さは2㎝以内の肉で、とにかく57℃1時間+フライパンで仕上げの火入れ。私がこの焼き加減が一番好きです。

うまく空気が抜けないときは鉄玉子も試してみて。

うまく空気が抜けていなくって、お肉が浮いてきてしまう時は、鉄玉子とかで抑えるといいですよ。

◆南部鉄器のフライパンで表面をこんがり焼く

南部鉄のフライパンで焼くのがコツ。

オイルを引いた鉄のフライパンの表面から湯気が出てくるくらい、思いっきり温まったら、バターを軽くひいて、お肉を乗っけていきます。

南部鉄のフライパンでステーキの表面をこんがり!

BONIQ(ボニーク)>で加熱済みなので、すでにお肉自体は火が通って色が変わっていますが、片面20秒焼いてひっくり返すと…

低温調理×鉄のフライパンでレストランクオリティのステーキを焼いてみた。

こんな感じで、表面がカリっと焼きあがって更に食感が良くなります。もう片面も20秒焼いたら出来上がり。

BBQみたいなテンションで家で料理!

さっそく真ん中をカットしてみましょう。味付け、塩コショウだけなのにいい香り。BBQみたいなテンションになりますよ。

うっすらピンクの絶品ステーキが完成。

ほんのりピンクな美味しいステーキの完成です。

パン・ド・ミによく合う!家でご馳走ステーキを焼こう

六本木の「bricolage bread and co.(ブリコラージュ)」というパン屋さんで、「パンドミプレミアム」を買ってきた。

この日は六本木の「bricolage bread and co.(ブリコラージュ)」というパン屋さんで、「パンドミプレミアム」日本製の鉄鍋<バーミキュラ>で焼いたパンを買ってきたので、これに合うお肉料理を!ということで、低温調理のステーキを作りました。

焼きたてで焼き印を押せないというので、そのままいただいてきました。ブロックにカットして食べるの大好き。

焼きたてで焼き印を押せないというので、そのままいただいてきました。ブロックにカットして食べるの大好き。

ある日の夕飯風景。

ブリのカルパッチョやガーリックオイルで炒めたお野菜と一緒に。とっても美味しいディナーの出来上がり。今年はコロナの影響もあり、牛肉がやけに安いので要チェックです。

時間はかかるけれど、おいしい低温調理の牛肉。

時間はかかるけれども、じっくり調理したお料理ってやっぱりうまい~!と実感できる夕飯でした。ぜひ、みんなもやってみてね。

【INFO】

今回ご紹介したアイテムは<BONIQ(ボニーク)>です。

▼公式サイトはこちら

※公式から買うと補償などもしっかりしてるのでおすすめです。

ステーキだけでなく、ローストビーフとかローストポークもおいしく作れます。家でのお肉料理をワンランクアップさせてくれるおすすめのキッチンアイテムです。

▼この記事もチェック

低温調理器BONIQでサラダチキンを完全再現レシピ

↓↓↓公式サイトではちょくちょくキャンペーンなどもやっています。

sponsored

ほかにも<くらしのヒント / LIVING>では、私が実際に使ってみて「本当にイイナ!」と思ったものだけを主婦目線で紹介しています。キッチン用品、グルメ、家事アイテムなど主婦ならではの厳選商品やアラサー大人女子におすすめしたい美容情報までもりだくさん♪