平成最後のあけましておめでとうございます!ドーン。

年賀状を、かなりぎりぎりのタイミングで発送したため、プライベートで仲良くさせていただいている皆様のもとへ、元旦に届いたのかどうか、ちょっと心配はありますが、改めまして、あけましておめでとうございます。

今年の干支ということで、新規加入のウリモッチ君(郵便局で売られていたうりもっちのぬいぐるみ)とともに、年越しからの初詣をすませ、初夢をみることなく、朝までぐっすり眠って迎えた元旦の朝。

拙宅では、いつも通りシャンパンで乾杯し、伝統のおせちとは程遠い(ほぼシャンパンのおとものおかずしか入っていない)好きなものだらけの手作りおせちとともに、新年を迎えました。相変わらず、盛り付けが上手じゃないので、金箔パワーをフルで発揮。食べるそばからキラキラきらめいて、これはこれで、私らしさが光ったいいお正月です。

元旦の藤子不二雄(A)展

たのしくドーン!

WEB上での新年のご挨拶では、こちらの画像をおくらせていただいておりました。ブログを読んでくださっている皆様へも改めまして。喪黒福造ではじまる2019年です。ドーン!作品のなかで、ドーン!をくらった人間は、かなり悲惨な結末を迎えるわけでありますが、元旦にこれだけ激しくドーン!をされると、なんだか厄落としになったような気分でいいでしょー。

あのマスターとも一緒に楽しく3ショット。

振り返れば2年ほど前から、私はキャラクター研究家という肩書での活動もいろいろさせていただいているんですが、その一環で、昨年は、六本木ヒルズで開催されている「藤子不二雄(A)展」の内覧会にうかがわせていただきました。

寒くて、寒くて、うっかりすると寝正月で過ぎちゃいそうな2019年の幕開け。「一年の計は元旦にあり」という言葉と、いただいていた招待券の存在を思い出し、新年早々のヒルズの上へと「藤子不二雄(A)展」を見に行ってたんですけれども、小学館のしごとなでしこに掲載していただいた取材の様子からして、ほぼ自分が楽しんでいるだけじゃないかー!とツッコミどころ満載だったのですが、やっぱりプライベートでいくと、肩のちからが抜けていい記念写真がいっぱい撮れます。2度目なのに、どの展示もめちゃめちゃ感動的。

屋上スカイデッキから見た初日の入り!

朝が弱いので、お正月に初日の出なんて、夢のまた夢みたいな状況なんですけれども、今回は、藤子A展を見た後に屋上のスカイデッキまであがって、2019年の初日の入りを拝むこともできました。

インスタ(@Hitsuji & Friends 羊ヶ丘ひつじとお友達)もやっと更新。

富士山が半分以上雲に隠れてしまっているのですが、とろける赤い夕陽は、すごくきれいでしたよ。今年も心が動くような瞬間にたくさん出会えるといいな。

自分で経験したものが、きっとすべて、自分の未来につながると信じているので、毎年同じこと言ってますが、健康第一でフットワーク軽く、自分のやるべきことに集中しながら、エンジンをふかせて、とにかく気になることを片っ端から全部やろう。

それと!おみくじが中吉だった

勢いよく、所信を表明したところまではよかったのですが、今年のおみくじは中吉。しかも、「ちゃんと決めなさい」「あれもこれもやろうとするなよ~」的なことが書いてあった…。ふむ。ですよね。神からのメッセージは奥深い(笑) そんなわけで、新年早々、大迷走の困ったちゃんですが、新しい一年も、どうぞやさしい目線でこちらのサイトでのお付き合いも、どこかで実際に会える際も、どうぞよろしくお願いいたします。「思っていた人と違った」とか、言われないように!思われないように!等身大のアレコレをテキストでガシガシ発信し続けていきたいと思います。

読者の皆様に、幸多き穏やかな日々が訪れますように。いい年にしましょう。