上、右の埋まってる親知らずを抜いて1日目 痛み止めと止血剤

左、上の親知らずを抜いて一週間と一日…
今度は反対側の親知らずを抜くことにしました。
左側の経過のほうは順調で、一週間経つとほとんど痛みもなく
食事も通常のどおりに食べられるようになりました。
肉の部分を切っているので、大きな口であくびをしたりすると
まだちょっと痛みますが、先生の無駄な治療はしないという意向で
縫わなかったので抜糸はなく、抜いた穴もすっかりふさがりました。
で、翌日、今度は右側を抜くことに。
今回は10時からだったので、朝ごはんをたっぷり食べて、9時半におやつも食べて
しっかり歯磨きとフロスをしてからの歯医者さん。
塗る麻酔をして5分、注射の麻酔(これが細い針なんだけどチクチク痛い)をして5分、
抜き始めて1~2分、また、上顎洞と繋がっていないかどうかの検査で2~3分
今回も無事に上顎洞や骨には影響していなかったということで、
消毒して終了。全部で20分程度でした。
ただ左の時より右側のほうがより埋まっていて
切ったところからの出血が多かったそうで、
今回は痛み止めのロキソプロフェンNa60mgのほかに、
止血剤のリカバリン(Rikavarin259mg)を処方されました。
前回と同様、コットンでの圧迫止血を20分(これ以上時間やりすぎるとよくないってよ)で
ちゃんと血が止まりましたが、麻酔が効いているうちは全然痛みはないけれど、
切れたらまた痛くなるんだろうな~と、すぐにお薬を飲み、お昼寝..zzZ
気分的な問題かもしれませんが、よほどのことがなければ
親知らずを抜いた日は何もしないに限ります。
痛み止めは4~5時間で切れはじめて、痛みというほどではないですが
違和感が出てきたので、16時くらいにまたもらったお薬を飲みました。
で、17時に消毒しにまた歯医者さんへ。
治療から7時間が経過、もうすっかり血が止まっているし、
傷口もふさがっているので、止血剤は飲まなくてもOKと言われました。
痛み止めも痛い時だけ飲むくらいでいいと。
私の主観ですが、抜きなれている歯医者さんでよかったなーとつくづく思いました。
教科書通りに切って、抜いて、縫って、お薬飲んで…だと
何となく体への負担が大きそうでイヤだったので、自分の考え方に
近い先生を見つけるということは、けっこう大事だと思います。
夕飯は夫用に作った海草の卵スープにご飯をいれて
おじやっぽくしたものを、ゆっくり時間をかけて食べました。
22時くらいに痛み止めを飲んで就寝。
こんな感じのゆるやかな一日を過ごしました。