蜷川実花さんが手掛けるディズニー『イマジニング・ザ・マジック』写真展@六本木

先日、ディズニーの人気キャラクターたちを蜷川実花さんが撮影したという、<Tokyo Disney Resort® Photography Project Imagining the Magic Photographer Mika Ninagawa 東京ディズニーリゾート®・フォトグラフィープロジェクト「イマジニング・ザ・マジック」写真展 Colors of Celebration ~東京ディズニーリゾート35周年記念写真展~>が、六本木のミッドタウンにあるフジフイルム スクエア(FUJIFILM SQUARE)で開催されていました。

花に囲まれたミッキーとミニーのセレブレーションたっぷりな佇まいに思いっきり癒されてきましたよ。グッズやポストカードのエリアは写真がOKだったので、ちょっとご紹介しますね。ディズニーの人気ものたちが勢ぞろいで35周年をお祝いしている一番大きな写真は圧巻でした。

ミッキーの耳がモチーフになっているキャップも可愛かったな。私はカメラが好きなので、このストラップも気になりました。

ミニーちゃんのかわいさは昔と変わらずご健在です。

展示写真のなかでも、この和装の写真がすごくかわいかったです。殿さまとお姫様のようなミッキーとミニーに対し、かなり軽装なドナルドとデイジー。お尻が出ていて、とてもかわいらしいのです。みんな和装もよく似合う。

大人っぽいディズニープリンセスたちの年齢に圧倒される!

また会場の半分くらいのスペースを占めていた(んじゃないかな?)と思われる、プリンセスたちの写真も素敵でした。ちなみにディズニーに出てくるプリンセスたちって、年齢いくつくらいなのかご存知ですか?ふと、Google先生でしらべちゃいました。

白雪姫14歳、シンデレラ19歳、オーロラ姫(眠れる森の美女)16歳、アリエル(リトル・マーメイド)16歳、ベル(美女と野獣)17歳、ジャスミン(アラジン)15歳。あくまでも「物語の推定年齢」という話ではあるのですが、みんな10代。そして、思い出してください!あの10代とは思えぬすごい行動力を。

白雪姫、中学生ですよ。森で小人と暮らしていく際に発揮するあの家事力の高さ。徹底的な掃除や整理整頓、美味しそうなアップルパイ。もう一度言います。中学生ですよ。現役主婦の私は「毎日、何をしているんだ」と肩を落としたくなるレベル。

不遇な時代を乗り越えて…のプリンセスの代名詞「シンデレラ」は19歳。人生まだまだこれからじゃないか。オーロラ姫はあの色気で16歳。あんなにヤバめな魔女との取引に出向く勇気を持った16歳のアリエルなんて、将来敏腕女社長の才覚がある気がするんですけれど。17歳のベルは、お父さん行方不明になったら誰かに助けを求めましょうよ。自分で馬に乗って探しに行っちゃう?ガストンが何歳なのかも気になるところ。アラジンを助けるために、ジャファーにキスするジャスミンの確信犯的な技とか、銀座のホステスレベルじゃないのか。

もうおばちゃん、頭がクラクラしてきます。が、プリンセスから学ぶべきポイントは、意外と多かったんだということに、勝手にアレコレ気づかされたりもするわけです。
30歳をすぎた私って、もしかして毒リンゴつくったり、趣味の悪い宝石をゴロゴロつけているヴィランズたちの年齢に近いのではないかと思ってしまったりしたのですが、もう怖くて調べていません…。

王子様がやってくるタイムリミットがおおむね見えてきたところで、話は六本木にもどりますが、会場の入口にはミッキーと一緒に写真が撮れるフォトスポットなんかもありました。

もう本当に色が綺麗。蜷川さんのセンスとディズニーのかわいいコラボ。ときめくある日の土曜日の朝のできごとでした。公式サイトで写真いっぱい見れるので、ぜひチェックしてみてくださいね。ファン必見の魅力満載♡


東京ディズニーリゾートのさまざまな“魔法の瞬間”の写真や作品を生み出してきた、東京ディズニーリゾート・フォトグラフィープロジェクト「イマジニング・ザ・マジック」は、東京ディズニーリゾート開園35周年を記念して、写真家の蜷川実花さんとコラボレーションした特別な作品を制作しました

【公式】 Imagining the Magic|https://www.tokyodisneyresort.jp/treasure/imagining/