イモトのWiFi 格安新サービス比較

平成二十八年大相撲初場所 13日目を終えて

わーん!大関琴奨菊が負けてしまった。
わーん!わーん!わーん!
各上の横綱三人を撃破して、唯一の勝ちっぱなしが日本人の琴奨菊ということで
今日は朝からスポーツのコーナーだけでなくともワイドショーはじめ賑わいをみせていましたが
琴奨菊関と同じく同期土俵&新婚豊ノ島にサクっとやられてしまいましたね。
これ、一敗同士で白鵬と並んでしまったのでかなりキツイ局面になってまいりましたが
残り二日、しっかり大関琴奨菊の応援をしたいと思います。
というわけで、今日のテーマは大関。
今照ノ富士が休場中なので、大関はこの琴奨菊、豪栄道、稀勢の里の3人になるのですが、
三人とも日本人力士ということで、私はかねてより熱く応援しているものの
この三人がなかなか優勝できないでいるせいで、日本人力士の幕内優勝が遠のいていると言っても
過言ではないのです。はー、頼む、しっかりしてよ。
最近の大関豪栄道は、ちょっとカド番と負け越しを繰り返していて心配ですが、
今場所も13日目の今日で4勝9敗という大きく負けが積み重なってしまっています。
これ来場所また八百って8勝7敗とかで切り抜けるのかなぁとか思ってしまうと…ですが、
いきなり優勝争いに食い込んでとはいいませんが、ぜひ横綱陣に土をつけ、
千秋楽まで盛り上げていってほしいものだなと思います。
そして稀勢の里…優勝争いに加わるも、中盤で下位の力士相手に星を落とすという残念な
状況が続いておりますが、今場所はすでに7勝6敗と「あー勝ち越しがやっとかなー」っていう
ちょっとパっとしない成績に落ち着いています。なんだろうなー。
大関というより、ちょっと強めの幕内力士だよなー、この平凡な成績じゃ…・
あーそれにしてもひそかに琴奨菊の全勝優勝を期待していた今場所。かなりのショック。
ま、ご本人が一番そう思ってるのでしょうが、気持ちを切り替えていってほしいです。