大掃除で気づいたマンションの換気システム・吸気口の掃除(つづき)

昨年末にマンションの外側にある24時間換気システムの吸気口がすごく汚ーい!って大掃除の最中にバタバタしていた私です。あれから管理会社が派遣してきた業者の人がお掃除をしてくれるということだったんですけれども、今回は、その時のお話です。

マンションについてる外側の換気口は共有物

まず少し話は戻るんですけれど、うちのマンションの場合はこれ共有部分にあるということで、自分での掃除ではなく、管理会社が頼んだ業者の人にやってもらうことになりました。で、ある日、電話が。

「今日9時くらいに行きますけれども」

って、朝8時くらいに言われました。「は?」一瞬なんの手違いかと思ったよ。またスケジュールが狂ったかとびっくり。なんで、到着の1時間前に連絡してくるのかね?

ちょっとそこら辺から、やりとりがかみ合わなかったんですけれど、「今日はさすがに予定があるんで、〇〇日にしてもらえますか?」と、なぜかこちらが謝ってリスケしてもらう羽目に。

マンションの管理会社が頼んだ業者がやってきた

そんなわけで、割と時間がかかって後日。業者の方がやってきたので、どんな風にお掃除をするのか気になってカメラ回しながらみていたら、さっそく業者の人がバキっと部品を外しました。バラバラ落ちてくる汚れもすごいんだけど、問題はこの部品ね。

外したというより、外しちゃった感じ。ようは、壊れたのです。
「こんなのすぐ外れるものだから」
と、業者のおじさんはよくわからないことをいって帰ってしまいました。

あんまりきれいになっていないし、部品は明らかに壊れたし。ま、古そうだったから仕方がないかと思いつつも、賞味10分の対応で、掃除ができたどころか、壊しっぱなしで悪化させて帰られるというとんでもない目にあいました。というのが、昨年、12月末の出来事だったのです。

新しい部品を発注してもらうことになったのですが…

幸か不幸か、全部の一連の流れがカメラに抑えてあったので、もう前半の電話でのやりとりとかはしょうがないとして、この中途半端な状況は何とかしてくださいと、またこちらから管理会社に連絡したところ、新しい部品に交換することにしたのだけれど、お正月休みを挟んじゃうから少し待っててくださいということになりました。

あれから3か月。もう花粉だって飛んでるよーう!という時期になっても音沙汰がありません。しょうがないから、またこちらから管理会社に連絡してみたら、やっと交換の日程などがでてきた感じです。

前回のこともあったので、事前に何日か候補を言ってくださいって調整できたところ。大掃除がおもいがけず、年度末をまたぎそう。やれやれ。