シャンパン旅行に!ランスのおすすめレストラン<Le Millenaire>でディナー

ガイドブックに載っていないマニアックだけれど、実際にでかけて本当に美味しかったレストラン。今回はフランス・シャンパーニュ地方のランスの町の高級レストランです。高級といっても、フランス料理、現地で食べると一人100ユーロ以下ですごいクオリティのが出てくるから、東京で何万円も支払っているの、なんなんだろう??と時々思うことがあるくらい。

ま、お寿司屋さんも海を渡ると銀座よりも高かったりしますもんね。さて、前置きが長くなりましたが早速お店のレポートに映りたいと思います。

フォリュム広場から徒歩1分<Le Millenaire(ル ミレネーレ)>

シャンパーニュらしい格式高さとスタイリッシュな雰囲気が立ち込めるレストラン<Le Millenaire(ル ミレネーレ)>が今回ディナーでお邪魔したお店です。場所はランスの駅から歩いて15分くらい。町の中心地フォリュム広場(Palace du Forum)からベルタン通りという細い小道に入ってすぐのところにあります。

タクシーの移動の時にの拠点にも使っていたフォリュム広場からすぐだったので、比較的迷うことなくたどり着きました。平日の夜。誰の紹介でもなくいきなり訪問。割とフォーマルなお店ですので、思いっきりオシャレしてでかけていっても大丈夫です。

シャンパンに合うお料理がズラリ!魅力あふれるコース

夜のコース料理は55ユーロと96ユーロの2種類と、あと週末金曜と土曜限定の37ユーロの特別メニューがあるみたいです。リーズナブルでしょー。季節ごとにメニューは変わるそうですが、96ユーロのコースは日替わりなんだそうで、何日か連続で滞在する場合は、毎日通っても飽きなさそう。あまりごちゃごちゃ説明するよりも、実際に食べたお料理を写真でジャンジャンご紹介していきたいと思います。

注文したのは55ユーロと96ユーロのコースをそれぞれ。メインや前菜が夫とかぶらないようにチョイスしました。で、店員さんに食事に合いそうなシャンパンを選んでもらって(drinkは別料金です)お食事スタート!

スターターもオシャレ。スプーンと指でカジュアルに食べましょう。

昼間、シャンパンカーヴをめぐるのに必死でちょうおなかぺこぺこ。でもキレイなスターターにうっとりしちゃいました。

テリーヌはほのかに酸味も。

バルサミコ酢のソースと新鮮なグリーンと一緒にサッパリいただきました。この後のお料理もそうだけれど、けっこうフレンチって野菜のボリュームがすごい。

夫はあたたかい前菜をチョイス。

あたたかい前菜のほうはソテーされたホタテ♡マッシュに刺さったチップスもすごくオシャレ。今度家でもやってみようと思いました。こういうときにお皿にササっとひけるグリーンの美味しいソースの作り方をマスターしたいな。

フォワグラのポワレ

今に始まったことではないのですが、「君、サンセバでもう一生分のフォワグラ食べたっていっていたよねー」と突っ込まれながらの絶品ポワレです。酔っぱらって余計なことを言ってしまう癖を直したい。夫は酔わないからいちいち発言を覚えていて、こういうときにややうっとおしさを感じます。

そして私のメインは舌平目のコンフィ。なかはクリームベースのソースで上にアスパラが乗っていました。こうやって、ポリ袋にいれて低温調理してそのままお皿に盛るの最近多いですよね。目の前で袋をチョキチョキカットされるのですが、開けた瞬間のバターの香りが最高にいい匂いでフワ~っと幸せな気持ちになりました!ここから私は白ワインにチェンジ。

夫のメインはお肉。これもすごく柔らかく火入れ時間が調整されていて、何より赤ワインのソースが絶品。シャンパーニュだ!っていっているのに、すっかりブルゴーニュにハマっている夫は、赤ワインを選んでもらっていました。

濃厚なチョコレートに注目!

わたしのメインはこのチョコレートケーキとアイス。お茶にしようかと思ったけれども、赤ワインと美味しくいただいたよ。

最後までパーフェクトに美味しい絶品フランス料理。どれもシャンパンとの相性抜群のスペシャルなお料理ばかりでとても満足度の高いディナーになりました。ね、これで一人100ユーロ以下ってすごいコスパじゃないですか。びっくりびっくり。気が付いた方もいらっしゃるかと思いますが、お皿がすごくシンプルでバリエーションがないのにこんなにアートなお料理に見えるのはシェフの芸術センスが高いからなようにも感じます★

ランス滞在の素敵な夜を過ごせる美味しいお店。要チェックです。

ドレスコードはカジュアルだけど…

ちなみにランスの町の中では、この価格でも高級の部類に入るこの<Le Millenaire(ル ミレネーレ)>。事前に電話で確認したらドレスコードはカジュアルだから見たいな話しだったのですが、冒頭にも書いた通り、女性はけっこうオシャレ目に着飾っていってもOKな洗練されたお店です。洗練されすぎていて、男性のなかでエリのない服着ているのはうちの夫だけでした。タートルネックのジャパニーズ。

うん、やっぱりランスのディナーは少しやりすぎなくらいオシャレしていくくらいがちょうどいいかも…って反省が残ります!

【INFO】

今回ご紹介したお店は、ランスの中心部にあるレストラン<Le Millenaire(ル ミレネーレ)>です。


住所:4 rue Bertin, 51100, Reims, France
TEL:+33 3 26 08 26 62
席数がそれほど多いお店ではないので、予約してでかけるようにしてください。シャンパーニュでシャンパンが飲みたいのー♪というシャレみたいなわがままも、言ってみて良かった♡

Le Millenaireフレンチ / ランス)

夜総合点★★★★ 4.5