ブタペスト観光の癒し♡混浴のキラーイ(Kiraly)温泉

ゆったりのんびりブタペスト

「ドナウの真珠」とも称されるハンガリーの首都・ブタペスト。もともとは、ゆったりとしたドナウ川を挟んで、ブダとペシュトという2つの町から構成されていたからその名前が付いたのだそうです。

ドナウ川って見ているだけで、幸せな気持ちになるのは気のせいでしょうか?対岸にあるあの派手なモスクみたいな建物が、ハンガリーの国会議事堂です。夜になると、さらにカッコイイ煌びやかなライトアップをしてます。日本の国会議事堂は、どっちかというと頑丈で重厚といった言葉がしっくりきますが、ハンガリーはびっくりするほど優美な姿ですよ。しかも川沿い。

ちょっとハズレのほうへいくと、まだそこには社会主義時代の暗い面影が落ちていたりもしますが、首都のど真ん中はもうTHE・観光地。危ない危ないといわれる中欧に属する国ではあるものの、中心地にいる分にはそれほど危険な感じはしませんでした。

ただ、日本にいるみたいに羽を伸ばしているとワルモノが近づいてくるのでしょうから、女子の一人歩きには十分注意が必要だと思います。

公衆浴場「キラーイ温泉(Kiraly Gyogyfurdo)」

さて今回はそんなブタペストにある公衆浴場の温泉「キラーイ浴場」をご紹介します。場所は、国会議事堂の対岸です。

この「Calvinist Church」というレンガ造りのかわいい教会から歩いて10分ほどの場所にあるキラーイ温泉にいってきました。最寄りはBatthyány tér(バッチャーニ広場)駅になります。

ブタペストのなかでもかなり古い温泉施設


薄い緑がかったこの古びた建物がお目当てのキラーイ浴場(Kiraly Gyogyfurdo)です。建物の感じは、私もネットでみていたので、迷わないでサクっと到着しました。が、今までになく、かなり気合の入った古さに少々ビビる。お客さんは圧倒的に男性が多い感じでした。

入場料はロッカーとか合わせて3000フォリントしないくらい(日本円だと1000円ちょっと)でリーズナブル。ブタペストのほかの施設よりも格段に安いし回数券みたいなのも売られていたので、観光で来ている人よりも地元の人向けなスポットです。

ロッカーは腕時計型のキー

お金をはらったらさっそくロッカーへ。建物は古いけれどもなかはキレイでした。ちょっと一安心。ドイツの温泉でもよくある腕時計型のロックの部分にかざしてピッって音がするタイプの鍵です。混浴なので水着で利用しましょう。一応湯あみ的なののレンタルはあるみたいですが、全員水着でした。

ドームの屋根から光が差し込むトルコ式風呂


出典:キラーイ風呂公式サイトよりhttp://en.kiralyfurdo.hu/

なかは、こんな感じです。公式サイトの写真なのですが、本当に天井から光がうっすら差し込んでくる感じがとても幻想的。ずいぶん長いこと使われていそうな貫禄満点。そして室内は、実際はもっと薄暗く感じます。まんなかに、大きな12角形みたいな形の浴槽があるのですが、ここが結構深くて、私が立っても胸までつかるくらいな感じ。確認していないけれども、たぶん子供はNGなお風呂なんだと思います。実際利用しているのは大人ばかりで、とても静かでした。

日本人にうれしい!あたたかい温泉

海外の温泉って、イタリアのローマ式にしろ、アイスランドの露天風呂にしと、「なんかぬるいよね!」っていう温泉が多いのですが、ハンガリーの温泉は日本人でもホッとできる40℃くらいのあたたかさがあるのもうれしいポイントです。

1566年にトルコ人によって作られたというハンガリーのお風呂に、日本人の私がはいってふやける。なんとも悠久の時間を超えた気持ちのいいひとときでした。

…まさかのナンパも?!

夫の水着はピンクなんですけれども、(別にここでカミングアウトするほどのことでもないのですが)なんだかやたらと、現地の人に温泉のなかで話しかけられていました。男性。「どこから来たの?」とか「ハンガリーどう?」「日本にも行ってみたい」などの、当たり障りのない普通の会話なのですが…、私がちょっと離れたりする隙をみてスススっと近づいてくる感じ。悪気はないんでしょうけれども、やたらと怖がる夫。←男にもてる。

あれは、もしかするとナンパだったのではないかと、今更推測してみているのですが、どうなんでしょうね(笑)ただのフレンドリーなおじさんだったのなら、本当に失礼な憶測なのですが、なんとなく気になるものがあったので。私の勘はよくあたるのです。

【INFO】

今回ご紹介したスポットはブタペストにある温泉「キラーイ浴場(Kiraly Gyogyfurdo/Király Gyógyfürdő)」です。

住所:Budapest, Fő u. 84, 1027 Hungary
TEL:+36 1 202 3688
営業時間:9時00分~21時00分(受付は8時に閉まるみたいです)
公式サイト:http://en.kiralyfurdo.hu/
どうやら2019年に改装する予定があるのだそう。なかなか風情のある建物なので、できればあの情緒をそのままにうまいことやってほしいなと思います。ピカピカになったらまた行きたいな♡