海外旅行のトラブル:イタリアで酔っぱらって夫の財布を忘れた!

人一倍、注意散漫な性格の私は、用心、用心と心の中で唱えていたとしてもしょっちゅうウッカリミスをやらかします。しかし、前も書いたけれど、海外旅行というのは、命さえとられなければくらいの気持ちで行かないと思いっきり楽しめないとも思っているのもあり、開き直っているわけではないのですが、今回ご紹介するエピソードは「完全、自業自得だろーう!」って突っ込まれまくりな反省のお話。

ヴェネツィアの繁華街にある
<Osteria Enoteca San Marco>

舞台は水の都・ヴェネツィア。水辺もいいけれども、街並みのこの狭さがまたいい。

どこもかしこもこんな雰囲気で、地図を見ててもよくわからないので、特に調べることもなく、おなかが空いたので、ワインが美味しそうなエノテカに入ることにしました。お店は左上の看板<Osteria Enoteca San Marco(オステリア・エノテカ・サンマルコ>。その名の通り、ヴェニスの中心でもあるサンマルコ広場(Piazza San Marco)から歩いてスグのところなので、比較的いつもこんな感じで観光客で賑わっているエリアです。が、お店自体の数も多いので、特に予約しなくってもすんなり入れました。

名物のイカ墨パスタにチーズ!

ヴェネツィアは、海があるから「シーフードがおいしいんでしょー」とよく聞かれますが、正直なところ、微妙ですねぇ…が私の感想。夏は毎シーズンイタリアで遊んでいるというドイツ人の友人たちも、「観光客向けの店ばかりだよー」ばっかり言うし。実際のところ、使われているシーフードの多くは中国産(イタリアでもかーい!)という噂も聞きますから、よほど高いお店に行かないと、アタリには出会えないのかと思っていましたが、この<Osteria Enoteca San Marco>は、比較的リーズナブルなわりに、メニューがいろいろアレンジされていてユニークでした。パスタのもっちり感とかオリーブオイルのピリッと辛い強烈な味わいは、作る側のこだわりを感じるポイント。

ボリューミーなフリッター。

イカや海老、ゴボウやニンジンなどのシーフードがごっそり揚げられているこちらのお料理もものすごーくボリューミー。こういうの!こういうの!とテンションを上げながらぬいぐるみを並べていつもの調子で写真を撮りだし、あげく夫の分の白ワインにまで手を付けたところあたりからがヤバかった。

アラサーのイケてない酔っ払い写真なんて誰もみたくないでしょうから顔は伏せますが、昼のワインは酔いが回るのが早いですよね(笑)ですよね。ライトに言い訳してみました。

ティラミスが激うま~♡とか騒いで、カプチーノを飲み始めたころには、自分的にはもう酔いがさめました!なつもりだったんですがね。いつの時代も酔っ払いというのは自覚がないものなのでしょう。

食べ終わってから夫に「お会計しておいて」と言われて預かったお財布から、カードを取り出し、お支払いを終えて、オーナーのおじさんには「オイシカッター!ボーノボーノー♪」と、やめたらいいのにな、めんどくさいからみっぷりを発揮して、ヴェニスの町をふらふらお散歩を再開です。

きれいな景色を眺めながめていたら、「お財布は?」と聞かれて、ぎょぎょぎょ~Σ(・ω・ノ)ノ!自分でもびっくりするくらい、顔文字並みにのけぞりました。

私ったら、夫のお財布をテーブルの上におきっぱなしにしちゃったの

小学生の頃は50m走8秒くらいのそこそこ俊足をかっとばし、迷路みたいな入り組んだ路地をコケそうになりながら、ヨロヨロお店へたどりつきました。すると…

置き忘れたお財布があった!

レジのところで、オーナーのオジサンが、夫のお財布のなかから、名刺を発見して、スタッフの女性と電話をかけようとしているところでした。

「よかったよー、ここの会社に電話しようと思っていたんだ」と、夫の名刺の英語でかかれている日本の会社の電話番号を指さされながら、肩をトントン。本当にありがとうございました。お財布のなかにユーロも入れていたんだけれども、そのまま無事で被害もありませんでした。本当に親切なお店の人でよかったです。

というわけで、お財布に名刺を入れておくと忘れたときに連絡してくれそうになる親切なイタリア人がいる…から、対策には有効かも。そもそも拾ってくれる人の親切度合いに左右される部分が大きいですが。ヴェネツィアはスリとかひったくりとか、とにかくコソ泥ばっかりだから気をつけろよ!って何度も注意されていたのですが、いい意味で、そのイメージが塗り替わりました。

<Osteria Enoteca San Marco>は美味しいだけでなく、忘れたお財布が現金ごとちゃんと戻ってきます!ワインは死ぬほど美味しいけれど、酔っぱらいすぎないようにくれぐれも注意しましょう。私が言うな、ですね。自分でもそう思います。

 

【INFO】

今回ご紹介したお店は<Osteria Enoteca San Marco>です。
住所:Calle Frezzeria, San Marco, 1610, 30124 Venice
TEL:(+39) 0415285242
ご飯もワインもチョウ美味しかったし、店員さんはめちゃフレンドリーだし、お財布無事に戻ってきましたし、すったもんだしすぎにもほどがありますが、本当にいい思い出になりました。ごちそうさまです!

 

▼ためになるかどうかわわかりませんが…

実体験!海外旅行のトラブル!まとめ

海外旅行では、いろいろなことが起きます。わたしが実際に体験したトラブルとか今回みたいなドジな失敗談などをまるっとまとめていますので、よかったら読んでみてください。後続の旅行者の皆さんが安全で楽しい旅に恵まれますよう、願いながら書いています。わたしの場合ドジのレベルが低いので、2回目。ためになるかどうかはわかりませんが…