氷上で遊べる!冬の阿寒湖温泉旅は観光の魅力いっぱい!

天気予報を見たらマイナス17℃。どんな寒さかもよくわかっていないまま、飛行機と温泉宿の手配をしてフラッと釧路に降り立ちました。3月のある日です。そしたら本当にさむーい!慌てて手袋をお土産物屋さんで購入したうっかりものの私です。皆さんは、冬の北海道へでかけるときは、ちゃんと本気の防寒対策をしていきましょうね。

さて、そんな完全思い付きででかけた阿寒湖温泉の旅行ですが、「冬なんかにいってもやることないでしょー♪」とバカにしていたらすごく充実した観光ができたので、自分の備忘録も兼ねてまとめておきたいと思います。

冬の阿寒湖温泉へでかけたらやっておきたい体験7選

1.タンチョウ鶴を見ておこう!

■タンチョウの里 阿寒国際ツルセンター

釧路空港から直行のバスも出ている「タンチョウの里 阿寒国際ツルセンター」へでかけて、まずかわいらしい丹頂鶴たちを観測しました。冬は餌付けしているそうで、野生に近いままの姿をとっても近くで見ることができるのですごくかわいかったです。

ついでにここ「丹頂の里」という名前の道の駅がバス通りを渡ったところに併設されていて、地元のグルメを食べたりすることもできます。けっこう面白いスポットなので、おすすめですよ。

釧路空港から出ている阿寒湖温泉街行きのバスに乗って、ここで途中下車しても、運賃据え置きなので、ぜひお立ち寄りになることをおすすめします。

2.「あいすランド阿寒」凍った阿寒湖の氷上で遊ぼう!

おもいっきり調子よく写真に収まっていますけれど、ウインタースポーツ慣れしていないので、このバギー運転中はスリップしまくって大変でした。でもこんな風に凍った湖の上を走り倒せるのは冬ならではのアクティビティ!夏の遊覧船もいいけれど、バギーやスノーモービルで湖の上を走るのもなかなか面白いですよ。

湖は凍ったうえに更に雪が積もっていたりもするので、必ず足元はスノーブーツなどで!普通の靴だと寒いだけでなく、滑って転びます。笑える程度のケガならいいけれど、骨折とかしちゃうと遊んでいる場合じゃなくなっちゃうからご注意くださいね。

あと、人生初のワカサギ釣りもやってみました。これがシャレにならないくらい寒い。

もう「一匹釣れたら…」という根性もでなくって、あまりの寒さにホントに1匹も釣っていないまま引き上げるハメに…。このとき、スマホの画面が緑色になって(たぶん寒すぎるから)びびって、すぐに帰りました。ちゃんとホッカイロとか張るなりして望めばよかったけれど、はじめてのワカサギ釣りが過酷すぎたので、もう私、一生やらなさそうです…苦笑

3.阿寒湖温泉街を散策してみよう!

阿寒湖の温泉街は、アイヌゆかりの木彫りのお土産物屋さんがいっぱいあって素敵ですよ。私もホテルの近くだけフラっとお散歩してみました。そしたら雪をつかったこんなにかわいらしい熊の親子が♡

■北のサンタ

「北のサンタ」というお土産物屋さんで、名前入りをいれてもらった木彫り製品も購入しました。アレコレお買い物を楽しめるおもしろいスポットです。

4.ワカサギの天ぷらは食べておこう!

■郷土料理「奈辺久(なべきゅう)」

さて、過酷なワカサギ釣りより、やっぱりお店でいただくほうが私の性格にはあっているみたい♡

温泉街の中心にある「奈辺久(なべきゅう)」というお蕎麦屋さんのワカサギの天ぷら丼が絶品でした。冬のワカサギって苦みがないから特に美味しいんですって。ぜひ寒い季節に出かけたときには、お昼に「奈辺久」でランチをしてみてはいかがでしょうか?

5.冬の阿寒アイヌコタンは幻想的

温泉街の奥の方には「アイヌコタン(=アイヌの集落という意味)」という北海道最大級のアイヌの人たちの村があります。せっかくなので、歩いてみたら、入口のところに氷のベンチがありました。氷なので、座ると普通におしりが冷たくなります。でもなかなかこんな体験もできないので、けっこういい思い出になりました!

アイヌコタンでは、民芸品やアイヌ料理が食べられるカフェなどもあります。夜には伝統舞踊のステージもあるそう。ホテルからの送迎付きなので、アイヌ文化に興味がある人はぜひチェックしてみてください。

6.ちょっとイイ温泉旅館でゆっくり温泉

■「あかん遊久の里 鶴雅」

冬の阿寒湖は楽しい反面、死ぬほど寒いですから、やっぱり温泉は欠かせません。せっかくなら、ちょっとイイお宿でゆっくりしたいですよね!「あかん遊久の里 鶴雅」というお宿は家族風呂が素敵でした。

内湯もあるし、露天風呂もサウナもついています。カップルやご家族、ご夫婦での利用だったら、こんなプライベートを重視した滞在ができるお宿はとってもおすすめです。

あと、このお宿、入口のところに阿寒湖に生息する特別天然記念物の「まりも」を展示していて、実際に触ってみることができるというのも、とても興味深かったです。はじめて触ったまりもはぶにゅぶにゅしててかなり気持ち悪かったけれども、それもまたいい経験になりました!

7.夜は氷上で花火が打ちあがる!

冬の阿寒湖の夜も素敵です。天候によるそうですが、凍り付いた湖から打ちあがる花火を見ることができます。ちょっと寒いけれど、旅館の窓をあけてじっくり鑑賞しました。空気が澄んでいる冬の夜空にあがる花火はとってもロマンチック!

夏とは一味違う旅の思い出がいっぱいできます。

意外にも面白かった冬の阿寒湖

一面の銀世界は、ただ寒いだけではなく、冬が嫌いな私でもとっても楽しい時間を過ごせるおもしろい温泉スポットでした。のんびり宿に引きこもっているのがもったいなくなっちゃう。たまにはこんな旅もいいよ♪ぜひみなさんも冬の阿寒湖にでかけてみてくださいね!