北京・国貿(CBDエリア)の人気ダイニング 『小王府菜館』

朝陽劇場」で雑技をみたあとに、おすすめしたい夕飯スポット!北京のビジネス街の中心CBDの国貿エリアで夕飯を食べようと思い、フラっと立ち寄ってみたお店です。1・10号線の国貿駅からは歩いて10分程度。結構わかりにくい隠れ家的な一軒家風のお店です。車が行きかう大通りからは一本入った細い通り沿いにあります。治安はとても良好なエリアではありますが、夜は街灯も少なくって、かなり暗い…!心細くなってくる雰囲気が立ち込めています。女性の一人旅だったらタクシーで乗り付けたほうが安全かも。結構有名なお店だそうなので、店名を見せれば大丈夫だと思いますよ。

私は平日の19時すぎ、予約してなきゃヤバいんじゃない?っていう時間帯にでかけましたが、無事に席に通してもらいました。このお店も例にもれず英語がさっぱり通じません(^_^;)

でも店員さんは結構外国人客には慣れている様子で、スムーズに禁煙の席に座れました。いえい。

窓際の方はビジネスマン風の人たちが、4~6名程度のグループでお食事されていて、やや騒がしかったですが、私は1人だったので、奥の少人数用のテーブル席。ほかにお客さんもいなかったので静かでよかったです。

冬場はマイナス5℃が最高気温とかがザラの極寒の北京ですが、店内にはセントラルヒーティングもあって、とってもポカポカ。

一番うれしかったポイントが、メニューが写真付きだったのでアレコレ注文をしているときに、オーダーをとりに来てくれたおばちゃんが「あなた、ひとりでしょ。コレこのくらいのお皿の量でとても多いよ。大丈夫?」と気を使ってくれたこと。

「私は結構食べるんです!」っていう自信はあったのですが、写真からは想像もつかないサイズ感だったので「え?そんなに?」と思い、おばちゃんのアドバイスに従って、すでに食べた水餃子や揚物類はキャンセルして、このお店の店名が付いているサラダとおばちゃんのイチオシというチャーハンを注文しました。

ここまでのやりとり、私の英語とおばちゃんの北京語でまったく通じ合っていないけれど、お互い伝えようという気合さえあればなんとかなるから不思議だよね!

そんなこんなでやってきたお店の名前がついているサラダ

…でかい!

でも旅行中にこんなに新鮮そうな野菜をたっぷり食べられるのは嬉しいです。左側のメロンとパイナップルを足して2で割ったようなビジュアルの野菜が、すっごく美味しかったです。あまくはないのですが、やわらかくって、みずみずしい。で、奥の大麦みたいなのと黒米みたいなのは、けっこう歯ごたえしっかりめに炊かれているのですが、これも隣のちょっとスパイシーな海老との相性がバッチリでした。サウザンドレッシングみたいなソースをかけながらいただきまーす!

おばちゃんのアドバイス通り、かなりのボリューム感。正直これだけでも十分な量ですが、もう一個、頼んでおいたチャーハンがまたデカイ!

チャーハンなんて、日本でも食べられるし、なんなら自分でも作れるけれど…とは一瞬思いましたが、これもすっごく美味しかったです。ごはんより野菜や卵のほうが多いくらい。しかもパラパラで、やさしい味。これが「北京のおふくろの味か~!」と大満足なひとときでした。

値段もリーズナブル。2~4人くらいの複数人できたほうが、きっといろいろ食べられていいと思います。

自分ではだいぶ食べる方だと思っていましたが、本当にちょうボリューミーでだいぶ残してしまいました。ごめんなさい!!すっごく美味しかったです。

と、いうわけで、外資系サラリーマンも御用達という北京の隠れ家的なレストラン『小王府菜館』をご紹介しました。本格的な北京の宮廷料理も美味しいけれど、こういう家庭料理も野菜をいっぱいとれて、しかもおばちゃんのあたたかさにも触れることができるので、個人的にはめちゃめちゃおすすめしたいと思います。ご旅行での滞在やビジネスでの出張のあいまにも、ぜひおでかけしてみてくださいね!

(追記)
お支払いはクレジットが使えました。ぜもWe Chatでのお支払いをすすめられたので、やっぱりアプリ使いこなせるほうが何かと便利かも…って思います。

【INFO】

今回ご紹介したお店は、若い人にも人気のエリアCBDにある『小王府菜館』というレストランです。

住所:中国北京市朝阳区光华东路2号楼
TEL:(+86) 1065913255
英語はまったく通じません。予約もできそうでしたが、北京語できないと厳しいかも。場所は大通りから一本細い道に入ったところで、グーグルマップを見ながら探しましたが、かなり迷いました!看板が小さいので見落とさないように。外観の様子もぜひご参考ください。

小王府菜館北京料理 / 国貿 グォマオ / CBD)

夜総合点★★★★ 4.1