【HBで簡単!あまいパンレシピ】白神こだまドライ×キタアカリ


あまくて美味しいパンが食べたいなー!と思って、ここ最近はパン屋さんのごとくアレコレ試行錯誤を重ねていました。どうも、THE・普通だけど凝りだすと止まらなくなるなんちゃって主婦です、こんにちは。

今回は、上手にできた手作りのあまいパンのレシピをご紹介します。アンパンとかにアレンジしてみるのもおすすめです♪

甘くてふわふわができるキタノカオリ


「パンづくりって、粉ですべてが決まるよねー」とプロみたいなことをドヤ顔でつぶやいてみたある日の朝です。香りがいいと評判のルスティカとか、今まで使っていた春よ恋とか、以前食パンづくりのときにほれ込んでいた南のめぐみとか、おそらくパンを手作りする方にはお馴染みともいえるような有名な粉がわんさかおうちに届きました。


「届きました」って他人事みたいに言っていますけれども、実はこれ、注文したのは全部夫なんです…!「ぼくはデザート系のあまいパンが好きなんだよ~」って、またいつものプレゼンがはじまりました。苦笑

夫は、材料さえそろえれば、私が何でも作ってくれると信じているみたいです。「お店でも開くんですか?」と腰を抜かしそうになっている私に、鼻息荒く得意満面な顔でほほえむ夫。ときどき、いやほぼ毎日、うちの夫婦の間にはこんな感じの変な温度差があります(^_^;)

「粉が大事だなんて、いらんことを言ってしまったなー」と思いながらも、せっかくのいい機会なので!と気を取り直し、ガチでいろいろ試してみました。

そこで私が一番いいなと思ったのが、こちら。

北海道岩見沢産のキタノカオリです。香りと弾力のある食感のバランスがよく、やや黄色みの強い焼き上がりの色合いもすごく気に入りました。

そんなこんなで、前置きが長くなりましたが、いつも大好きで使っている天然酵母白神こだまドライで、いい感じのレシピができました。

キタノカオリ×白神こだま酵母ドライ×HB
ちょう簡単な甘いパンの作り方

材料

強力粉(キタノカリ) 310g
てんさい糖 40g
藻塩 4g
溶き卵 40g
牛乳 150g
オリーブオイル 30g
バター 20g
白神こだま酵母ドライ 5g
ぬるま湯 15g

*溶き卵の残った分は、あとで少しお水(分量外)を加えて、仕上げのドリールに使っています。

作り方

白神こだまドライに人肌くらいにあたためたぬるま湯をかけ、5分くらい置いておく…(A)とします

こんな感じ。ティースプーンとかフォークとかで、まんべんなく水分が染みわたるように軽くかき混ぜておきます。
ホームベーカリーのなかに、牛乳→溶き卵→てんさい糖と藻塩→オリーブオイルとサイコロ型にカットしたバター→強力粉の順番でいれて、最後に強力粉の真ん中くらいに、ぶくぶく発酵中の(A)を入れて、パン生地コースでスイッチオン。
うちのホームベーカリーは天然酵母のパン生地コースもあるのですが、これを使う時は発酵しすぎるので、様子を見ながら注意してください。
一回、過発酵しちゃって、中であふれだした経験アリ。天然酵母のパワーはすげーと感じさせられた瞬間です。あの失敗以降、私はすっかりビビっちゃって完了予定時刻の1時間前に取り出すようにしています。ご参考まで。

パン生地ができたら、12等分にカットして、あんこを詰めながらきれいにまるめていきます。パンの表情を決める一番楽しいポイントですよね。お子さんがいらっしゃるなら、親子で一緒に好きな具材をツメツメするのも楽しいと思いますよ。うちの夫も、ここの部分だけいつもお手伝いしてくれます。お互いのエリアを決めて最後に勝負という、どうでもいい戦いのはじまりです。

ここからは、15分~30分くらい置いて焼いてしまってもいいですし、時間をかけるほど、どんどん膨らんで大きく柔らかく仕上がります。ふんわりめがお好みの時はちょっと長めに発酵させるといいですよ。私は10分くらいの常温でおいておいたあと、湿度高めに設定したオーブンを40℃くらいにして20分くらい置いて、ドリールをぬって焼いています!ドリールはちょっと手間ですが、ぬるとテカテカ光るし焼き上がりもきれいに仕上がるよ。


お隣のパンとくっつくほどに膨らみます!
オーブンは各ご家庭でクセがあるとは思いますが、私のおすすめは予熱210℃、焼成は200℃で10分前後できつね色になったら完成です。
もしバターロールとかの自動機能があるなら、それを使ってOKです。

あんぱんの断面にテンションが上がります!

焼きあがったらあたたかいうちにぜひー☆

我が家は負けられない戦いがここからはじまります。ユニバースあんぱん。これは夫の。そこが厚めですね。

これは私の。美術5の才能をまたしてもいかんなく発揮。ま、そうはいっても、味は一緒ですから。仲良くいただきましょう!

ほかにもアップルパイ用に似ておいたりんごのコンポートをクリームチーズと一緒に包んだのも美味しかったです。好きなものをいろいろ包んで、おうちでオリジナルのあまーいパンを作ってみてはいかがですか?いっぱい作って、あまったらラップして冷凍して保存しています。食べるときに解凍してチンする感じでも美味しくいただけるよ。

なかなかお店みたいにはなかなかうまくできないし、それなりに手間もかかるけど、やってみるとけっこう楽しいパン作り。いい香りに包まれて幸せな気持ちになるよ。多少ぶかっこうでも、味が良ければすべてよしだよね☆

【INFO】

今回ご紹介した小麦粉は「キタノカオリ」です。

強力粉 キタノカオリ 2.5kg 北海道岩見沢産限定 小麦粉【国産小麦】

やや黄色めに焼きあがるので見た目がフォトジェニック。もちろん食感も味もイイのであまめのパンづくりにピッタリだと思います。

ちなみにあんこも自作です。あずきは、シュマリという品種のものを気に入って使っています。

【送料無料】【メール便】平成29年 北海道産 しゅまり小豆【500g】

▼おすすめ家電はこちら

東芝 スチームオーブンレンジ 30L グランホワイトTOSHIBA 過熱水蒸気オーブンレンジ 石窯ドーム ER-RD5000-W

バターロールモードで上手にパンが焼けます。


パナソニック ホームベーカリー 1斤タイプ ブラウン SD-BMT1001-T

天然酵母のパン生地も失敗なく上手に作れるよ。