MENU
暮らしをラクして乗り切るアイテム一覧

ホームベーカリーでラクチン!もちもちのおいしいピザ生地レシピ

ホームベーカリーでラクチン!もちもちのおいしいピザ生地レシピ

家で楽しいピザパーティー♡テイクアウトピザもいいけれど、私は家で自分の好きな具材をたっぷり乗っけた特大ピザが大好きです。今回はホームベーカリーを使って、誰でも簡単に作れるおすすめなピザ生地レシピをご紹介します。

パナソニックのホームベーカリーでこねる!ピザ生地レシピ

◆材料

HBで作るピザ生地の簡単レシピ!

小麦粉 280g
てんさい糖 10g
塩 5g
オリーブオイル 30g
白神こだまドライ 5g
ぬるま湯 15g
水 150g

Point!

小麦粉の種類にこだわってみてください。強力粉でピザ生地を作るともっちもちに、薄力粉で作ると、ふわっと柔らかく軽めの生地に仕上がります。初心者は、ぜひ強力粉と薄力粉を1:1でミックスして作ってみてください。より本格的に生地作りをしたい人は、ピザ専用のカプート サッコロッソ ピッツァイオーロという粉で作ると香り豊かでお店みたいな味わいを楽しめますよ。

◆ピザ生地の作り方

1:白神こだまドライとぬるま湯をあわせて10分くらい置いておきます。

2:その間に、ホームベーカリーのパンケースのなかに水、てんさい糖、塩、オリーブオイル、小麦粉の順番で入れてゆき、真ん中にくぼみを作って(1)の白神こだまドライとぬるま湯をあわせた酵母を入れて、あとはピザ生地モードにしてスイッチオン。

好きな具材を乗せて♡東芝のオーブン350度で一気に焼き上げよう

打粉をして生地を伸ばしましょう!

天板の上にアルミを敷いて、打粉(分量外)を敷いたら上記で作ったピザ生地を伸ばしていきましょう。

私は家でピザを焼くときは、まるいピザではなく、オーブンの天板の形に合わせて目いっぱい大きく伸ばして焼くので、欲張りな長方形になります(笑)

さっきの材料の分量だと、だいたい2枚くらい焼けるのですが、もっと上手に薄く延ばせる人なら3枚くらい行けると思います。

◆家で作るピザは好きな具材をたっぷり乗せよう

お店のピザと違って、家で作るときにはビジュアルを気にしないで、大好きな具材をどんどんトッピングしていっちゃいましょう!

自家製ピザは好きな具材をたっぷりと。

この日はトマトソースのうえに、紫たまねぎのソテーにホタテやシラス、水牛のモッツァレラチーズなどを乗せました。結構盛りだくさんだけど、それがいいのです。どこを食べてもおいしい味に当たる感じ。

◆ピザは大火力で一気に焼こう

ピザは焼き上げるときの温度が命。さすがに家庭用の石窯はないけれど、東芝の石窯オーブンは「石窯ドーム」が採用されていて、温度が350度まで設定できるんです。ほかのメーカーのオーブンをお使いの場合には最高温度で焼くようにしてみてくださいね。

7分ほど焼いたら完成。

おうちで楽しいピザパーティー♡

シーフード系が中心だったので、から揚げなどのお肉料理やサラダとともに食べました。ボリューミーだけれど、いくらでも食べられちゃうおいしさ。

ホームベーカリーがあれば、こねたり、ガス抜きしたりする面倒な手間がいらずに、家庭でおいしいピザ生地が作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

【INFO】

今回ご紹介した家電はパナソニックのHBと東芝のオーブンです。

どちらも主婦のお料理をサポートしてくれる強い味方。長年使っていますが、一度も故障がなく、とっても気に入っている商品です。


▼この記事も人気です!

ホームベーカリー×白神こだま酵母ドライでフワフワの丸パンレシピ。山形の赤かぶの漬物や野桜本店のわさび漬けを使ったサンドイッチアレンジもご紹介しています。

HB×白神こだま酵母ドライで作るフワフワの丸パンレシピ


ほかにも、 自分で作ったおうちご飯の日記を<カラダにやさしい料理 / COOKING>のカテゴリでたくさんご紹介しています。元気なおでかけの毎日は、正しい食生活にアリ。

Instagram
Twitter
SHARE