水着&タオル持参♪ブタペストのルダシュ温泉でのんびり混浴体験

ハンガリーの首都・ブタペストでも朝から風呂に入るために早起きしてみました。グッドモーニン、ヨー レッゲルト キヴァーノク。ハンガリー語のおはようって、どこにアクセントを置けばよくわかりませんが、セーチェーニ鎖橋の上からおはようございます!



夜のライトアップも素敵だけれど、朝のお散歩も最高にさわやかな気分になります。お風呂入る前から、このちょっと冷たい空気がいい感じ。このブタペストという街は、歩けば温泉。もう町中ボコボコ温泉が湧きまくっている温泉県とか謳っている大分県みたいな場所なんですが、今回ご紹介するのは女性でも比較的挑戦しやすい旧市街から歩いてすぐのところにあるルダシュ温泉 (Rudas Gyogyfurdo)です。

 ルダシュ温泉(Rudas Baths)への行き方

私は、Starlight Suiten Hotel Budapestというくさり橋からすぐのところにホテルをとっていたので、朝食を食べてからそのまま歩いていきました。


くさり橋を渡っているそばからみえてきたよ。ゲッレールトの丘の麓にある、あの黄色い建物がルダシュ温泉 (Rudas Gyogyfurdo)です。わくわく。エルジューベト橋のそば。

ドナウ川をはさんでブタ城側にあります。のんびり歩いて20分くらいの距離ですが、風景がとっても素敵。

街の中心なので、トラムや路線バスもありますから、でかけやすいスポットだと思います。

By public transportation the bath is easy to access on tramlines 18 or 19, or bus lines 5, 7, 8, 86 or 112.

Rudas Thermal Bath公式サイト|http://www.rudasbaths.com/prices-location.php

公式サイトの情報によると、バス5・7・8・86、もしくは112番線、トラム18・19番線が通っているそうです。ブタペストではバスもトラムも一度も載っていないのですが(タクシーが安いから)ご参考に。

タオルと水着は持参しました!


ちょっと薄暗い写真ですみません。回転させるタイプの自動改札みたいなのを通った先にロッカーがあって、一応タオルと水着は持参しました。水着ないと混浴なので入れないエリアばかりになってしまいますから、ご注意くださいね。受付でリストバンドを渡されるので、それがキーです。更衣室の入口で白いシーツみたいなペナンペナンの布を渡されます。あれをタオル替わりに使う旅行者もいるようですが、サウナのときに敷くものらしいですよ。

ちょっと冷ためなプールみたいなエリアとかなど、いろんな湯船があるので、ちょっとしたテーマパークみたいな気分で楽しめます。


このポスターにもなっている湯船、16世紀のオスマントルコの統治下時代に造られたんだそう。最高に素敵でした。ここはいるだけでも行く価値があると思います!天井から光が差し込んでくる雰囲気は、とっても幻想的。この八角形の湯船を囲むように、四隅にも湯船(ちょっと小さめですが、みんな真ん中に入っているからゆっくり浸かれます)がありました。水風呂と熱い浴槽がふたつずつ。熱い方は日本人好みの42℃くらい。ぬるいところも、ローマ式だと入ったり出たりしながら楽しむんですけれども、ぜひトライしてみてくださいね。お肌がキュっと引き締まって内側からポカポカしてくる感じがたまりません♪

泉質は、放射性物質を含んでいるので温泉ソムリエ的にいうと「濃い」に分類されるタイプなんだろうな~と想像はしますが、ちょっとハンガリー語を解読できず、濃度もろもろは不明です(;^_^Aほかにもカルシウムやマグネシウム、フッ化物イオンなど豊富な天然成分が入っていますので、ゆっくり温泉タイムを楽しみましょう。混浴といっても水着着用なので、ぜんぜん安心。湯船をあちこち移動したり、そもそもロッカーからもちょっと離れていたりするので、ビーチサンダルとかもあるといいかも。

曜日やサービス内容で料金がまちまち

値段はお風呂入るだけならだいたい5000フォリントくらい~(今日のレートで2000円ちょいくらいみたいです)

曜日とか夜だけとか、週末は~みたいに、いろんなタイプのチケットが販売されているので、窓口で入りたいエリアを指定して相談すればいいと思います。マッサージもアロマから泥パック、カップルで施術してもらえるものなど、いろんなパッケージがありました。

ほかのブタペストの温泉に比べるとやや割高ではありますが、ボロボロすぎたり、施設が汚かったり、はたまたちょっと危ない人(ナンパ目的のお客さんもいるので気を付けましょう)ばかりの温泉だと女性は怖かったりすると思うので、ここは治安面でもけっこうおすすめです。さっきのトルコ風呂は、曜日によって男性専用とか女性専用みたいに使い分けもされているらしいのですが、土日は混浴なのでカップルやご夫婦でいくと楽しいと思います。

風呂上りには売店でジュースも♪


お風呂上りは入口のバーみたいなところでジュースを買いました。風呂上がりのいっぱいは、どこの国でも最高です!プハッ

軽食もあるけれど、フォワグラも貴腐ワインも美味しいブタペストですので、せっかくならお食事は外になんか美味しいもの食べにおでかけしてみては?

 

【INFO】

今回ご紹介したのは、ハンガリーの首都・ブタペストにある混浴の<ルダシュ温泉 (Rudas Gyogyfurdo)>です。
住所:Dobrentei ter 9, Budapest 1013, Hungary
8角形のトルコ風呂がとても幻想的。水着・タオル・ビーチサンダルを持参するといいと思います。

▼温泉がたのしいブタペスト!

キラーイ(Kiraly)温泉
キラーイのほうは、建物がかなり古いので好き嫌いが分かれるかも。あと、男性同士の出会いの場という噂もあります…