ズッキーニの花とトマト缶でつくるタリアテッレのパスタレシピ

ズッキーニの花はやわらかくって使いやすいよ!

先週、マルシェでズッキーニの花を買いました。けっこうヨーロッパでは普通にスーパーとかにも売っているベーシックな食材なんですよ。ズッキーニの花はとても柔らかいので、このままフリットとかソテーが定番です。ちょっと使い方難しそう!っていうイメージがあるかもしれませんが、ズッキーニを刻んでいれるようなレシピだったら、そのままこのズッキーニの花を使ってみてはいかがでしょうか?味はほとんど一緒ですが、花がついている方が少々柔らかくって甘みもある感じです。

これで50円(税込)、マルシェのコスパすごいですよね。夫とふたりで手に持てるだけの野菜を買って帰って来たのですが、さっそくなので、新鮮なうちにランチでいただくことにしました。土曜のお昼だし、あんまり手もかけたくなかったので、缶詰のトマトソースをつかってパスタにしてみたのですが、もうちょう美味しくできたので、簡単な手順をご紹介します。

トマトの缶詰で失敗なし!
ズッキーニの花の激うまタリアテッレのレシピ

味付けに使ったのは、このトマト缶です。

カゴメ 基本のトマトソース 295g

カゴメの基本のトマトソース。このなかにはオリーブオイルやにんにく、たまねぎなどがすでに入っているので、調味料があまりそろっていないという時にもとっても便利な缶詰です。イタリアンを作るときにはとっても便利な商品。

■材料

ズッキーニの花 8本
基本のトマトソース 1/2缶
タリアテッレ 2人前
ベーコン 1パック
☆たまねぎ 少々
☆モッツァレラチーズ少々
☆パルメザンチーズ(もしくは粉チーズ)少々
☆温泉卵 2コ

☆はあってもなくっても大丈夫です。玉ねぎは大好きなので、缶詰の中にも入っているけれども1/4コくらいの量を足しました。それでは作り方を見ていきましょう。

■作り方

お鍋にたっぷりのお湯を沸かしてタリアテッレをゆでてください。ゆで時間はパッケージに記載されている目安よりも3分ほど手前でタイマーをセット。
フライパンのなかに一口サイズにカットしたベーコンをいれて中火で火をかけます。じわじわ油がにじんできたら、スライスした玉ねぎとズッキーニの花(カットせずにそのまま)入れて、たまねぎが透明になるくらいまで火が通ったら、トマトソースをいれて混ぜ合わせておきます。
グツグツ熱い状態のフライパンのソースのなかに、目安よりも3分ほど手前のタイミングまでゆで上げたパスタを湯切りしていれて、1分くらいあえたらできあがり。一応、パスタの固さを最後確認してみてくださいね!

お皿に盛ったら上にチーズを散らして完成です。

トッピングのおすすめは温泉卵

冷蔵庫にあったので、トッピングに温泉卵とすりおろしたパルメザンものっけました。これはあってもなくても味への影響はないんだけれども、いっきにクオリティーがレストランにアップしますよ。

おうちでのお料理は好きなものをたっぷり使えるのがいいですよね!すごく簡単に美味しく作れるので、ぜひ試してみてくださーい(*’▽’)ノ

【INFO】

今回は塩コショウは一切なし。「カゴメ 基本のトマトソース」で味付けしています。

カゴメ 基本のトマトソース 295g

普通のパスタでももちろんOKですが、たまには太麺のタリアテッレも試してみてはいかがでしょうか?生パスタってもちもちしてて美味しいんですよ。

生パスタ タリアテッレ 100g 5食セット