MENU
暮らしをラクして乗り切るアイテム一覧

ベイクドオーツ簡単レシピ。バナナやオートミールを混ぜて焼くだけ!

混ぜて焼くだけ!簡単ベイクドオーツの基本レシピ。

健康に良い茶色い炭水化物として注目を集める食材「オートミール」を使ったベイクドオーツが人気です。今回は砂糖や小麦粉、卵もなしでふんわりおいしいパンのような味わいを楽しめるベイクドオーツのオリジナルレシピをご紹介します。

朝ごはんにぴったり!ベイクドオーツの作り方

◆材料(2~3人分)

・オートミール 90g
・豆乳 140g
・甘酒 50g
・ベーキングパウダー 3g
・バナナ 1本

甘くしたくないときは甘酒をお水や豆乳に置き換えてください。

◆作り方

オートミールや豆乳を混ぜるだけ!

(1)すべての材料をブレンダーにいれて混ぜ合わせます。ブレンダーがなければ、バナナだけフォークとかで潰して、ほかの材料と一緒に混ぜ合わせてください。滑らかさはお好みで。私は少しオートミールの粒感が残っているくらいが好きなので、バナナがつぶれたくらいで止めています。

ベイクドオーツの簡単な作り方。

(2)クッキングシートを敷いた型に(1)を流して、180℃に予熱したオーブンで25分焼くだけ。ちなみに型は野田琺瑯を使ってます。

これ焼いたらそのまま蓋をして冷蔵庫へしまっておけるので、すごくラクチンです。

野田琺瑯で焼いたベイクドオーツ。

(3)串を刺してみてくっつかなければ完成です。 

冷ましてから食べたい分だけカットして、お皿にもりつけ。ヨーグルトやはちみつ、好きなフルーツやナッツをのせていただきます。

はちみつやヨーグルト、フルーツをのせたベイクドオーツ。

オートミールはそのままだと味がないのですが、バナナや甘酒でほどよい甘さに仕上がっています。朝食はもちろん、おやつにもぴったり。少量でも満腹感があり、腹持ちがいいです。

◆作り置きもOK!

つくりおきもできる!ベイクドオーツの作り方。

もし翌朝とかに食べる場合は、トースターであたためるとおいしくいただけますよ。

体の内側から健康に!積極的に食べたいオートミール

私はフランスのオーガニックのものを使っています。

食物繊維が豊富で腸内環境も整えてくれるオートミール。骨や歯を形成するリンや代謝を助けてくれるマグネシウムなどの栄養も豊富なんですよ。

ちなみにオートミールは生活習慣病のリスクを下げる「茶色い炭水化物」でもあります。

茶色い炭水化物を食生活にとり入れるメリットは津川先生の書籍『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』のなかで詳しくご紹介されています。

Oggi.jpでも大事なところを抜粋してご紹介させていただいているので、ぜひ読んでみてください。

▼この記事も読まれています!

オーブンレンジの自動調理機能で低温蒸しにしていきます!

オーブンレンジで簡単に作れる!流行りの固めプリンレシピ


ほかにも、 自分で作ったおうちご飯の日記を<カラダにやさしい料理 / COOKING>のカテゴリでたくさんご紹介しています。元気なおでかけの毎日は、正しい食生活にアリ。

Instagram
Twitter
SHARE