お値段以上のクオリティ!九龍の<プリンスホテル(香港太子酒店)>

九龍エリアのホテルといえば、憧れのペニンシュラ。週末ともなれば1泊5万円も10万円もするような超高級なお部屋がゴロゴロしています。

ビジネスの出張などで、会社がホテルを予約してくれるんだったらという条件つきで、ぜひとも泊ってみたいと思うお宿はいくらでもありますが、ひとりで観光にでかけるのであれば、そこそこの値段で安全に快適に宿泊できるところがいいですよね!基準は安全・安心・清潔・快適。

今回はそんな主婦目線で厳選した香港の<プリンスホテル(香港太子酒店)>に泊まってみた感想をご紹介したいと思います。

<プリンスホテル(香港太子酒店)>ショッピングモールのなかにあるから雨でもラクラク♪

場所は、尖沙咀のショッピングモール「ハーバーシティー」に併設されています。グッチやプラダなどの高級ブランド店がズラズラっと軒を連ねている施設のなかなので、建物自体のセキュリティは万全。

普通に女性がガイドブック片手に歩いていても、朝も夜も治安はとってもいいです。外には車寄せもあるので、タクシーで乗りつけてもラクちん。地下鉄の尖沙咀駅からも歩いて5分くらい。飲食店もマッサージ屋さんも近くにたくさんあるので、観光する際の拠点としても、立地は抜群です。

てっきり日本のプリンスホテル(軽井沢とかにあるやつ)系なのかと勘違いしていたんですが、ここ「マルコポーログループ」という、九龍エリアに3店舗あるホテルチェーンのひとつだそう。2012年9月にリノベーションされたそうで、廊下もお部屋もとてもキレイでした。宿泊者はジムも無料で利用できるそうですよ。私は使ってないけれど(;^_^A体動かしたい方は、どうぞ。

セキュリティ◎設備も充実のデラックスなお部屋

このホテルのお部屋は、デラックスルーム、スウィートルームの2タイプがあり、私は泊まったのは安い方のデラックスルーム。1泊2万円代からと、宿泊しやすい価格でした。

私は、ひとりなら、お部屋のラグジュアリーさよりも、現地で美味しいものを食べる方にお金をかけたいタイプなので、「普通のビジネスホテルくらいのキレイなベッドとお風呂があれば十分!」と思っていたのですが、お値段以上にデラックスなお部屋でびっくりしました。

自分の部屋より落ち着くインテリア。寝具とバスタオルが異常にフカフカでめちゃめちゃ気持ちよかったです。お風呂もバスタブありなので、夜は観光のあとにゆっくり湯船でリラックス。

そして一番驚いたのが、このデスクまわり。なんで部屋にスマホが?!と思ったら、なんかこのスマホで国際電話を無料でかけられるっぽいことが書いてありました。イマドキWiFiフリーはどこにでもあるけれど、国際電話フリーはなかなか気の利いたサービス。仕事も落ち着いてできる!せっかくなんで、使ってみればよかったな。せっかくだからの理由で、私からイタ電されたら、だいぶ迷惑ですよねぇ!

お茶が好きな私にとっては、日本のホテルみたいにティファールのケトルとミネラルウォーター、ティーパックなどがあったのもうれしかったです。現地のスイーツをテイクアウトしてお部屋でのんびり食べたりできました。

空港からはシャトルバスがあった!

滞在中、とても快適な拠点となった香港のプリンスホテル。空港からはバスに乗って、ルーン♪と到着したわけですが、このお宿に直行できるエアポートシャトルバスもあったようです。ぜんぜん気が付かなかった。利用しそびれたけど、宿泊者無料らしいよ。

唯一、不満があるとすれば、このホテルにはBARがないことでしょうか。

飲んで、ゆっくり酔っぱらいたいじゃん。酔って記憶をなくすタイプの人間は、治安どうとか関係なく、ホテルのBARが一番安心ですからね(笑)夜中におなかすいちゃったから、シェラトンまで歩いて行って、カキフライと白ワイン。目の前は海が見えてとても素敵でした。

ね、ひとり旅って快適♪

【INFO】
今回ご紹介したホテルは、九龍のど真ん中にある<プリンスホテル(香港太子酒店)(Prince Hotel)>です。

住所:Harbour City, 23 Canton Rd, Tsim Sha Tsui, HongKong
TEL:+852 2113 1888

*この記事の情報は2018年11月時点によるものです。

香港で美味しい飲茶を食べるなら♪尖沙咀の<Loong Yuen>