アメリカの人気インテリアショップ<Crate&Barrel>

毎日の生活における衣・食・住。心地よい暮らしは、人生を豊かなものにしてくれますよね。私は「食」へのこだわりが人一倍つよく、「衣」と「住」はなるべく誰かに不快感を与えない程度の配慮はするけれども、普通以下なんじゃないかなと思い反省の多い日々なのですが、今回は私も大好きで何度も足を運んでいるアメリカの「住」のお話です。

自分で掃除して、料理して、片付けて…、民泊しながらのチョイ住体験を楽しめるようになって、しみじみ思うのですが、アメリカの家って体が小さい私には広すぎるなと感じることはあるものの、やっぱり快適です。システマチックで進んでると思うことがいっぱいありました。今回はそんなア米国で大人気のインテリアショップ<Crate and Barrel(クレイト&バレル)>にいってきたので、ご紹介したいと思います。

家具もキッチン用品も!とにかくシンプルでオシャレがそろう

私はパサディナの旧市街にある<Crate and Barrel(クレイト&バレル)>のお店にでかけたのですが、とにかく種類が豊富でびっくりしました。イケアみたいな倉庫っぽさはなく、ニトリみたいな格安商品というわけでもなく、どっちかというと、大塚家具のショールームみたいな雰囲気です。

<Crate and Barrel(クレイト&バレル)>は、まだ日本未上陸のお店なので、寝具やアウトドア商品をみているだけでも、おもしろいものがいっぱい。ポップからシックまで、ライフスタイルや自分の好みに合わせた雰囲気のエリアを探して回るだけでもわくわくしました。

大きな家具は、なかなか日本まで運ぶのも大変だと思うのですが、キッチン用品とかなら、けっこう買いやすいものがいっぱいですよ。

私のレシピ記事などでもたびたび登場している、木のランチョンマットとかは<Crate and Barrel(クレイト&バレル)>で買ったもの。日本だと布や合成素材のマットが主流なので、本物のウッド素材に一目ぼれして買ってしまいました。しかも値段は15ドルくらい。

和洋中、どんな料理でも合うし、お鍋とかも鍋敷きいらずでそのまま置けるので、意外と機能的で便利なんですよ。

あと、アメリカっぽい大きなピザカッターとかも日本より安かったし切れ味良さそうだったので即買いしてしまいました。インテリア好きな方なら、2月はセールもやっているので、お得にお買い物できておすすめですよ。

ほかにも、毎日のお料理シーンが楽しくなりそうなビタミンカラーのキッチンアイテムも、バリエーション豊富にそろいます。以前、ご紹介したディスカウントショップ<Target(ターゲット)>も悪くありませんが、長く大事に愛用するなら、少し値段は張るけれども、<Crate and Barrel(クレイト&バレル)>のほうが、質がよさそうです。

アメリカのライフスタイルをカジュアルにとりいれてみない?

この赤いイスもかっこいい。

「住」に特段の興味がない私でも、ウインドーショッピングしているだけで、ついついアレコレ手が伸びてしまうインテリアショップ<Crate and Barrel(クレイト&バレル)>。イリノイ州発祥のお店なのですが、現在はアメリカだけでも145店舗も展開するほどの規模を誇る人気のお店です。カナダ、シンガポール、トルコ、アジアだと、台湾やフィリピンにもあるそう。「早く日本にも来ないかな!」と思いつつ、「未上陸だからいいんじゃなーい」という気もしてくる楽しいお買い物タイム。

ぜひアメリカ旅行のときには、チェックしてみてはいかがでしょうか?

【INFO】

今回ご紹介したお店はアメリカのインテリアショップ<Crate and Barrel>です。高品質で独創的なデザインの家具や寝具、キッチン用品や雑貨などがそろっています。アウトレットやセールの情報は公式サイトをチェック。

▼アメリカの生活に関する情報:この記事もよく読まれています!

アメリカのオーブンの使い方。簡単なグリル料理レシピ

アメリカのディスカウント百貨店<Target(ターゲット)>

使い勝手よすぎ!アメリカのスーパー<Ralphs(ラルフス)>

アメリカの<Whole Foods(ホールフーズ)>で買い物!

そのほか、海外に関する旅行情報は<海外ですったもんだ / WORLD>もチェックしてみてね。