ルアンパバーンの郊外にある秘境クアンシーの滝(Kuang Si Falls)

またぁ~?!って言われながら、クリスマスはまたラオスに行っていました。
日本のギラギラしたイルミネーションの感じ、どうも苦手で。
都内なんて浮かれた人が多くて、あれも苦手で。
だからこれから先の私の人生のクリスマス、もうずっとラオスでいい。
ラオス静かだし。ラオス人優しいし。カオソーイ美味しいし。
で、今回はルアンパバーンの町にじっとしているのもあれなんで、
ちょっと山奥まで行きました。
DSC00537.jpg
なんか川の水の色が神秘的すぎるんだけど。。。
DSC00393.jpg
マイナスイオンスゴ過ぎなんだけど。。。
DSC00470.jpg
そしてここがクアンシーの滝(Kuang Si Falls)と呼ばれる場所。
少し下流まで歩くと泳げるスポットもあります。
DSC00613.jpg
昨年の夏は、海もプールも行かなかったくせに、こんな時はちゃっかり水着を持参してる私。準備いいでしょ。簡易的な建物だけれど、近くにはちゃんと更衣室もあります!
って、こんな真冬に、水着持ってきて川に入ったの、私とブラジル人くらいなもんでした。
でもこのブラジル人たちとはめちゃめちゃ仲良くなったよ。
そういうわけで、季節外れの日焼け中です。

タート・クアンシー(Kuang Si Falls)までのアクセス

ルアンパバーンの町からは約32㎞ほどという郊外に位置するクアンシーの滝。現地のツアーで行くか、自分でタクシーをチャーターしておでかけするのがおすすめ。

途中からあまり道がきれいに舗装されていない場所などもあったので、トゥクトゥクでいくのは、ちょっと危ないかも。特に乗り物に乗ると、すぐに居眠りしちゃう私みたいなうっかり女子にとっては…!

ちなみに私は、ナイトマーケットとかしているシーサワンウォン通りのところから、タクシー(っていうほどじゃないんだけれど、車持ってるおにーちゃん)と交渉して往復200,000キープでいきました。途中、ドイツ人の女の子(前日に予約してたみたい)が相乗りしてきて、現地で3時間ほど時間をとってもらって、駐車場で待ち合わせてみんなで旧市街まで帰ってくるという完全個人のアレンジででかけてきました!

【INFO】

今回ご紹介しているスポットは「タート・クアンシー(Kuang Si Falls)」というラオス・ルアンパバーンから約32kmの場所にある滝です。ゲートから滝までは歩いて15分くらい。入口には「ツキノワグマ保護センター」もありました。クマも可愛かったです!

ルアンパバーンの絶景をみにいこう!こちらの記事もよんでねー!
【忘れえぬ陽】inラオス・ルアンパバーンにあるメコン川