コンテンツのご案内

忘年会シーズンと上野のシャンシャン

「きっと今忘年会シーズンだから、お忙しいですよね。」
って遠慮がちに言われることが多くって、自分のスケジュールを見ながらさっき気が付いたんだけど、忘年会はほとんど入っていませんでした。人気のなさにびっくりだよ(笑)だからヒマだというわけではなくって、飲み会以外のことでもうスケジュールがガチガチなので、これはこれでいいのだと、自分に言い聞かせているところです。
2018年が来る前に、やっておきたいと思っていたことが、6割くらい残っているのです。現実的にこなせるかどうかの問題はさておき、あと10日しかない。もう一回、優先順位をつけてToDoリストを組み直しているところ。
DSC00196.jpg
おかしいな…、明の十三陵で出会った亀くん。鼻をサワサワすると、幸せにしてくれるってガイドがいっていたのに、君はいつその効果を発揮してくれるのだい?
今日もポカポカした日差しが気持ちいいな。宅急便の受けとりをせねばならないので、お部屋のいつもの窓際の席でぬくぬくした午前中を過ごしています。これが亀からもたらされた幸せではないことを願ってみているよ。しあわせ。

早く着替えて、髪の毛直して、ちゃんと外出したいとは思いながらも、なかなか重たい腰があがらないよ。ヨーロッパとかは、もうクリスマス休暇気味なので、眠くなりそうなくらいゆっくりな時間が流れているっぽい。この日本のせかせてくる空気感とは相反するメールを読みながら複雑な気分になっていました。そんななか、上野にシャンシャンを見に行っている方々もいるんだから、「日本は」でくくるのは間違いかもしれないね。上野でカメラ構えて幸せそうにシャンシャンを見つめている人たちは、抽選に当たったとか以前に、その価値観を持っていること自体が勝ち組だと思うんです。会社を休んで行動にでる。カッコイイよ。

私みたいにのんびり「年明けかな~」くらいに悠長に構えていると、あの子はどんどん成長してしまうんだ。昨日書いた絶景の話じゃないけれど、生き物との出会いも一期一会ですよね。はやくシャンシャンに会いたい。そんな気持ちがいまMAXに高まってきました。
さ、今日も一日がんばりましょーう。