中国茶を代表する老舗ブランド「天福茗茶(テンプクメイチャ)」の北京本店

DSC01079.jpg
私はコーヒーもお酒も好きだけど、中国茶も大好きです。
今回は中国を代表するといっても過言ではない茶葉専門店天福茗茶(テンプクメイチャ)の北京にある本店にでかけてきたときの体験談です。

場所は王府井。地下鉄1号線の灯市口駅からすぐです。王府井の駅からも徒歩圏内だよ。北京市内には支店だけでも1000以上もあるというから、超大規模大手チェーン店といったところ。

日本でも中華街にお店があったりするので、けっこうファンの人も多いですよね。
私もそのひとり♡香りがとってもイイので、午後の紅茶ならぬ午後の中国茶によく飲んでます。ではでは、さっそく気になる本店の内部をご紹介していきます。

北京・王府井にある天福茗茶本店!1200㎡を超える広い店内

DSC01082.jpg
中に入ると驚くべきはその広さ!なんと館内は1200㎡もあるんですって。
さすが中国最大規模を誇るお茶屋さんの本店だ!と思わせてくれるポイントですよね。
DSC01081.jpg
ただ店内はただ「ひろーい」というよりは、茶葉がそのままドカドカっと積み上げられていたり美しい芸術品とも言える茶器のコレクションが並んでいたり(高額なものだとウン百万とか)試飲できるテーブルだけでも何カ所もあって、中国茶を味わう世界観におもいっきり溶け込めるテーマパークみたいな作りになっています。

見どころいっぱい!2Fの天福茶文化館

DSC01085.jpg
一番わくわくしたのは2Fにある天福茶文化館というカルチャーエリア。
DSC01086.jpg
この日はすごい早起きしてしまって、朝開店とともに入ったので、
まだお客さんが少なかったせいかな?店員さんが一緒に周りながら説明もしてくれました。
接客がびっくりするくらい丁寧で親切です。ただ北京語です。
私の北京語レベルは小学生にも及ばないので、簡単な返事やリアクションはできるんだけど、うまく理解しきれなかったのがすごく残念でした。
勉強せねばというモチベーションUPにはなりましたけど。がんばろ苦笑
DSC01088.jpg
だけど説明のボードには、英語の併記されているのでご安心を。
ここの中国茶が加工されていく工程を学べるエリアでは、人が通るとセンサーが感知して急に機会が動き出す仕組みになっています。やや、びっくり。
DSC01093.jpg
そして、その奥には中国茶がどのように親しまれてきたのか、唐朝のころ、ただ煮詰めた飲み物として始まったところから、宋朝の時代になってみんなで楽しむものへと位置づけが変わっていき、器にまでこだわってゆく、中国での茶道歴史の編成を知ることができます。
こんな風に、英語併記のほか人形を使った説明もとても興味深かったです。

好きなお茶を気軽に試飲。量り売りがうれしい

DSC01096.jpg
ちなみにあまり買い物をする気はなかったんですけども、お店のなかで、いい香りをずーっと嗅ぎながら、アレコレ見てたらやっぱりほしくなってしまい、テイスティングも楽しみながら、結局アレコレ買ってしまいました。
こんな風に、好きな茶葉を選んで、その場で量り売りで購入できるんです。
パッケージ商品のものと違って、香りもその場で試せるのがポイント。
割高なのかな?と思って市販の箱売りのものとどうなのか聞いてみたら、箱は結構量が多いので、同じ量を買うなら、同じ値段でも割り引いてくれるそうで、良心的だなと思いました。ま、せっかくだから、私は少量ずついろんなのをチョコチョコと買うことに!
DSC01097.jpg
テーブルの上に並んでいる中国茶のセットのところで、その場で選んだ茶葉をスタッフの方が、丁寧に淹れてくれます。なんとも贅沢なひととき。
DSC01105.jpg
中国茶は最初の1煎目はアクがあるので飲まずに捨ててしまうのですが、2煎目、3煎目と、味わいの変化や香りの違いなどを楽しむことができます。
DSC01106.jpg
私が気に入った白茶(ホワイトティー)とよく合うから!と言ってわざわざ出してくれたこのお茶うけ、なんだかわかります?
DSC01108.jpg
乾燥させたキノコ!わお。

私は大のキノコ嫌いで(最近やや克服してはきましたけれど…)
突然のカウンターパンチにびっくりしました苦笑
でも、好意によるアクシデントなので「嫌いなんだ」とも言わず、笑顔で「謝謝」と手を合わせて、お礼を言えるくらいの大人だから安心してね。

本格的な中国茶の世界にまったり浸れる

DSC01083.jpg
こんなフォトスポットもあるよ。
せいぜい15分くらいあれば十分かなと見積もって、フラっと出かけた北京の天福茗茶本店。気づけば下手な北京語でも店員さんと仲良くなって、アレコレ買い物しながらお茶していたら、まる1時間くらいのんびりしてしまいました。こういううっかりも旅の醍醐味ですよね。もっと中国語達者だったら、もっと素敵なひとときになったのにという反省を深く胸に刻んで。

ゴリゴリ売ろうとしてくる街中のお店とは全然違ったゆっくりな時間が過ごせるお店だったので、中国茶お好きな方なら、ぜひ遊びに行ってみる価値はあると思います。

【INFO】
今回ご紹介したお店は…
天福茗茶(テンプクメイチャ) 北京本店
住所:北京市東城区王府井大街金魚胡同3号
TEL:+86 10 6527 1888