ごぼ丹を使った鶏鍋

今日の東京最高気温は20℃を超えたそうで、、、
12月だと言うのに寒くなったり暑くなったりの繰り返しでまいっちゃいますね。
風邪ひきさんも多くて、うつされないように防衛するにはよく寝てよく食べる。
やっぱこれしかない。
DSC02054.jpg
こちらお肉は昨日TVでみた賛否両論の笠原さんのお父様のレシピ、
鶏ひき肉に同量のすりおろしタマネギを混ぜるという鶏つくねを
更にアレンジして、つぶした黒にんにくも混ぜてスタミナUP。
ベースは笠原さんは昆布をお使いになっていましたが、
私は朝のお味噌汁の鰹節で二番出汁をとり、冷蔵庫の昆布だしとまぜて合わせ出汁。
ごぼ丹という京都のゴボウ(筋が少ないし太くて短いので使いやすいです)や
使いかけの白菜、長ネギ、小葱、あるもの使ってササッとお鍋を作りました。
〆はごはんと溶き卵、焼きのりで雑炊で。
あったまるし、おススメです。